片想いの男性とLINEでやりとりするなら、避けたほうがいいこと9パターン


片想いの男性のLINE IDを見事ゲット!ここからガンガン攻めたくなる気持ちはわかりますが、それがかえって恋の破綻を招く結果になることもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「片想いの男性とLINEでやりとりするなら、避けたほうがいいこと9パターン」をご紹介します。

  • 【1】既読スルーを無視した「しつこい連続送信」

    「うざがられて、最終的にはフェードアウトされました」(10代女性)というように、空気を読まない連続送信は避けたほうが良いようです。相手の気持ちがのってきていないのに好意を隠さないメッセージの連投にも注意したいものです。

  • 【2】重すぎて返事に困る「長文メッセージ」

    「長すぎて返事が面倒になったみたい…」(10代女性)というように、受け手の負担になりそうな長文メッセージは避けたほうが良いようです。もっとも相手が長文派なら、ペースをあわせて自分も長めに返すなど柔軟に対応したいところです。

  • 【3】反応に困る「かわいいスタンプ」

    「女の子がかわいいと思うセンスは通じないことも多いので、期待するとダメ」(20代女性)というように、自分の感覚で「いい!」と思うスタンプを送りつけるのは避けたほうが良いようです。あくまで相手が「かわいいね」と反応したときだけ多用するようにしましょう。

  • 【4】軽すぎて返事に困る「短すぎるメッセージ」

    「友達からもよく『会話を終わらせたいの?』と指摘されます…」(20代女性)というように、あまりにそっけないメッセージばかり送るのは避けたほうが良いようです。うっかりやりとりを終わらせてしまった場合は、相手の返事を待たず新しい話題を振るようにしましょう。

  • 【5】深夜や仕事中など、「相手の都合を無視した時間帯の連絡」

    「邪魔だったのか、通知をオフにしてました」(10代女性)というように、自分勝手な時間帯の連絡は避けたほうが良いようです。そのためにはまず相手の生活リズムを把握したいところです。

  • 【6】あまりにも速すぎて気持ち悪い「即既読・即レス」

    「彼からのメッセージが嬉しくて速攻で返してたら、微妙に引かれました」(20代女性)というように、不自然なほどの即既読・即レスは避けたほうが良いようです。たとえメッセージを読んでしまっても、返事はひと呼吸おいたほうが良いかもしれません。

  • 【7】おはようからおやすみまで、他愛もない「四六時中接続」

    「相手の懐に入り込むつもりが拒否られました(笑)」(10代女性)というように、起きている間中LINEでつながりたがるのは避けたほうが良いようです。「いまランチ!」などどう返せばいいのかわからない報告メッセージも頻度を考える必要があるでしょう。

  • 【8】会話が続くようにと仕掛けても、かえって負担になる「質問攻め」

    「セオリー通りにいったらうざがられたという…」(20代女性)というように、やみくもに問いかけを連投するのは避けたほうが良いようです。相手によっては「直接しゃべるならともかくメッセージで濃い話をするのは苦手」というタイプもいるので、見極めが肝心でしょう。

  • 【9】タダだからとむやみにせがむ「無料通話」

    「さびしさのあまり電話しまくってたら、知らない間にブロックされてました」(10代女性)というように、いくら無料でも、通話を要求しすぎるのは避けたほうが良いようです。相手からかかってきたら応じるくらいのペースがちょうど良いかもしれません。

たとえ相手があなたのことを「いいな」と思っていても、LINEでのコミュニケーションが激しすぎると引いてしまうこともあるようです。あまりツールに頼りすぎず、直接会う機会を増やしたほうが関係が進展するかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock