「二番手扱い」だった女子が本命に昇格した方法9パターン


片思い中の男子に好きな人がいたり、ほかの女子に後れを取ってしまって、どうしても「正式な彼女」になれない悩みを抱えている人は多いでしょう。しかしそこで諦めず、粘り強くアプローチすれば、いつか恋が成就する可能性があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『二番手扱い』だった女子が本命に昇格した方法」をご紹介します。

  • 【1】本命よりも会う回数を増やす

    「頻繁に会うほど愛着がわくみたい」(20代女性)というように、何度も繰り返し誘い、会う時間を増やすことで「なくてはならない存在」に昇格するケースです。向こうから「会いたい」と言ってくれるようになれば、かなり「見込みあり」と考えてもいいのではないでしょうか。

  • 【2】おいしい手料理で胃袋をつかむ

    「料理上手だと一人暮らしの男子は落としやすいかも」(20代女性)というように、家庭の味に飢えている男性には、女性が作る「おいしいごはん」が響くようです。距離が縮まる「家デート」の良い口実にもなるので、積極的に料理の腕を磨きましょう。

  • 【3】一緒に楽しめる共通の趣味を持つ

    「『理解がある彼女』がほしい男は多い」(20代女性)というように、二人で分かち合える趣味は、ある意味強い武器になるかもしれません。アウトドアなジャンルのものであれば、二人で長い時間を共に過ごすチャンスもつかめそうです。

  • 【4】極力好みの見た目になる

    「髪をショートにしたら反応が良くなった(笑)」(10代女性)というように、相手が望む風貌を手に入れるのも、見た目重視の男性には刺さりやすいかもしれません。ただし、的外れな努力ほど空しいものはないので、髪の長さや体型など、詳細に調べてから実行に移しましょう。

  • 【5】弱音を吐けるような包容力をアピールする

    「心を開かせるにはこれが一番」(20代女性)というように、包み込むような優しさで、男性を虜にする女性もいます。相手が仕事で疲れているタイミングを狙うと、さらなる効果が期待できるのではないでしょうか。

  • 【6】本命に対する不満をリサーチしてそこを磨く

    「『敵にないもの』で勝負するしかない!」(20代女性)というように、どんなにパーフェクトに見えるライバルにも、探せば弱点はあるもの。そこを集中して攻めることで、効率的に自分の魅力を伝えるテクニックです。ただし「あの人に比べて自分はマシ」程度では決め手に欠けるので、アピールできる個性を備えてから取るべき手段かもしれません。

  • 【7】「あっちと別れたら連絡して」と突き放す

    「キープできないとなったら、真面目に考えてくれそう」(10代女性)というように、「押してダメなら引いてみる」手もあるでしょう。とはいえ、勝算がない場合には自分からチャンスを捨てることにもなりかねないので、「かなり親密になってから」と肝に銘じたほうが良さそうです。

  • 【8】ツンデレな態度で翻弄する

    「甘やかすばっかりじゃ都合のいい女にされそう」(20代女性)というように、「アメとムチ」を使い分けることで、恋愛中の心の浮き沈みを体験させる作戦です。特に、本命の彼女とマンネリになっている男性には、効き目が出やすいのではないでしょうか。

  • 【9】背水の陣で本命か自分か選択させる

    「いつまでも待てるわけじゃないし」(20代女性)というように、男性が煮え切らないようであれば、選択を突きつけるのもひとつの手でしょう。相手が優柔不断なタイプなら、どこかのタイミングで切り出す必要がありそうです。

二番手から本命に昇格するためには、やはりある程度強引な手段を取らざるを得ないようです。傷つく可能性もあるので「ダメでもともと」くらいの精神状態でいたほうが賢明かもしれません。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock