「軽そうな女!」という先入観を利用して男心をつかむ方法9パターン


見た目がハデだったり、他人に対してなれなれしい女性には、「軽そう」という先入観がつきものかもしれません。自分の印象を変えるのは容易ではありませんが、そのキャラクターを逆手に取って、男性をトリコにしてしまう手もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に「『軽そうな女!』という先入観を利用して男心をつかむ方法9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「本当に軽いかどうか、試してみたらわかるよ…」と、弱々しく肩を落とす

    「『軽そうに見られて悲しい』みたいな顔をされると、ドキッとしてしまう」(20代男性)というように、見た目の評価を心外そうに受け止めて男性を動揺させるパターンです。相手が「そんなことないよ!」と慌てるようなら、「ありがとう」と無垢な笑顔で釘付けにしてしまいましょう。

  • 【2】「私、やっぱり軽そうに見えるかな…」と、悩むそぶりを見せる

    「辛そうに相談されたら、守ってあげたくなる」(10代男性)というように、「軽そうに見られる悩み」を打ち明けるのも、男心をとらえるでしょう。「あなただけに話すけど」などと前置きすると、親身になってもらえそうです。

  • 【3】「どこを直せばいいか教えて」と、男性にアドバイスを求める

    「改善しようとしているのかと思うと、かわいく見える」(10代男性)というように、向上心があるところを見せると、ポジティブな印象を与えられるようです。部分的にでも助言に従うことで、少なくとも発案者の男性だけは味方につけることができるでしょう。

  • 【4】「あなたには誤解されたくないな」と、悲しそうな顔をする

    「偏見を持っていたのかなと、良心が痛む」(20代男性)など、傷ついている素振りを見せて、同情を買うパターンです。普段は軽そうに振る舞って、好きな人の前でだけは弱みを見せるなど、特別感を演出して男性の心を揺さぶりたいところです。

  • 【5】「男は金でしょ!」と、あえて悪ぶって注意を引く

    「恋愛経験豊富なふりをして、イキがってる女の子はかわいい」(20代男性)というように、「軽い女」を演じるあまり強がってしまう態度も、わかる男性には萌えにつながるようです。とはいえ本当のワルだと思われないよう、さじ加減は必要でしょう。

  • 【6】「どーせ私は軽い女だよ!」と、やさぐれて笑いを誘う

    「いじけられると頭をなでてあげたくなります」(10代男性)というように、自虐的に振る舞って、慰めてもらうのもひとつの手です。男性から「重たい」と思われないように、明るくぶちまけるテンションにしておきましょう。

  • 【7】「今年中に彼氏が欲しいんだもん!」と、恋に焦っていることを告白する

    「乙女心を見せられると、協力してあげたくなる」(20代男性)というように、恋を夢見る姿勢を隠さないのも、むしろピュアさの強調になるかもしれません。「誰か立候補してくれないかな」とかわいくささやいて、好意をほのめかしてしまいましょう。

  • 【8】「浮気なんてありえない!」など、モラリストぶりをアピールする

    「意外としっかりしてるのかなと、印象が変わる」(20代男性)というように、見た目と正反対の主張をすることで、男性の認識を反転させる作戦です。「結婚する相手にしかカラダを許さない」などと古風な恋愛観を口にすれば、本気モードで言い寄ってくる男性もいるでしょう。

  • 【9】「私の何を知ってるの?」と、深みのある言葉で興味を持たせる

    「本当はどういう女性なのかと気になってしまう」(20代男性)というように、「軽い女」といったレッテルをものともせず、余裕を見せるパターンです。「本当の私は好きな人にしか見せない」と微笑みを浮かべれば、男性の好奇心を刺激できるかもしれません。

たとえ第一印象で「軽そうな女」と思われても、ちょっとした演出で男性から好印象を持たれるようです。うまく男性の心を揺さぶって恋を叶えてしまいましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計480名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock