「夏休みで雰囲気変わった」と男子をドキドキさせる急成長9パターン


開放的な夏は、思春期の女子が心身ともにググッと成長する季節。夏休み明け、久々に顔を合わせる同級生たちの視線を独り占めにするのは、いったいどんな女子なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に、「『夏休み中に雰囲気変わった!』と同級生をドキドキさせる女子の急成長9パターン」をご紹介します。

  • 【1】しばらく見ぬ間に髪が伸びて「大人っぽくなった」

    「髪型が変わるのが一番目立つ」(10代男性)というように、しばらく会わない間に伸びた「ヘアスタイル」に気を引かれる男子は多いようです。ただ伸ばしっぱなしにするよりも、アレンジを工夫して、大人っぽい雰囲気を演出できるとよさそうです。

  • 【2】肌がこんがり色づいて「セクシーに日焼けした」

    「ギャルっぽい黒さより健康的なほうがいい」(10代男性)というように、夏の日差しで「焼けた肌」に注目してしまう男子もいます。部活や海、山などアウトドアでアクティブに活動した証拠として、「充実した夏」を過ごしたことを印象付けられるのかもしれません。

  • 【3】男まさりキャラだったのに、「雰囲気が女性的になった」

    「なんというか、ギャップに戸惑う」(10代男性)というように、ガサツっぽかった女子の物腰がおしとやかに変化することで、男子の視線を釘付けにするパターンです。言葉遣いを柔らかくするだけでも、印象が違ってくるでしょう。

  • 【4】大人しかった性格が、「明るく社交的になった」

    「以前は物静かだった子から話しかけられると、ドキドキします」(10代男性)というように、控えめタイプの女子が自分から男子とコミュニケーションをとることで、周囲の関心を集めることもあるようです。男子と話すときは、オドオドした態度をやめて、爽やかな笑顔を心掛けましょう。

  • 【5】スカートが前よりも短くなるなど、「ファッションが大胆になった」

    「見るなと言われても、目が行ってしまう!」(10代男性)というように、ひと夏を経て服装が大胆になった女子も、ひときわ目立ってしまうようです。むやみに露出を増やすのではなく、細い脚や白い首など自信のあるパーツを1カ所だけ思い切って見せると、色気を強調できるでしょう。

  • 【6】以前は普通のシャンプーの匂いだったのに、「良い匂いがするようになった」

    「化粧品やコロンの大人っぽい香りはヤバい」(10代男性)というように、女子がふりまく「大人の芳香」に、思わず鼻をクンクンさせてしまう男子は多いようです。肌やメイクなど「見た目」のケアだけでなく、香りについても美意識を高めたいところです。

  • 【7】ド派手メイクをやめて、「化粧が上手になった」

    「ギャルっぽかった女子が落ち着いてるとビビる」(10代男性)というように、華やかさを通り越した「やりすぎメイク」を控えめにしたことで、大人っぽさが増したパターンです。いっそ、ストライクゾーンの広い「清楚系メイク」を追求するのもアリでしょう。

  • 【8】ダイエットに成功し、「痩せてスッキリした」

    「そんなに可愛かったのか!っていうサプライズがあるかも」(10代男性)など、ぽっちゃりしていた女子が大幅に痩せることで、男子の目を見開かせる場合もあるようです。一日の生活を自己管理できる休み中こそ、計画的なダイエットに取り組んでみましょう。

  • 【9】ひと夏の間に何があったのか、「男慣れを感じさせるようになった」

    「夏休み中に、遠い世界に行ってしまったのか…」(10代男性)というように、男子への態度が格段にこなれた結果、良くも悪くも周囲を圧倒してしまうケースです。大変身を遂げたい人は、恋愛に限らず、夏休み中にさまざまな「経験」を積むといいでしょう。

鈍感そうに見える男子でも、女子の変化を意外とチェックしているもの。新学期のイメチェン成功を狙って、夏休み中から少しずつ準備していくとよさそうです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計480名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock