アラサー女子が海で素敵な出会いを引き寄せるための行動9パターン


日常から離れたバカンスの場には、今までにない新しい出会いが隠れているもの。海という特殊なシチュエーションを活かすと素敵な男性と巡り会えるチャンスも広がるようです。そこで今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「アラサー女子が海で素敵な出会いを引き寄せるための行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】ビーチで走り回らずサングラスで寝そべり大人の女性を感じさせる

    「浜辺ではしゃぐ『お子様女子』との差別化は大事!」(30代女性)など、周囲の年下女性と違い「落ち着き」を感じさせる作戦です。たとえ男性が高いテンションで声をかけてきてもゆっくりと丁寧に対応するといいかもしれません。

  • 【2】海の家などで飲食物を購入するとき「どうぞ」と順番を譲る

    「嫌な気持ちになる人はいないしトークのきっかけになるでしょ」(30代女性)など、相手を思いやる気持ちは出会いにも大きくプラスになるようです。そこからさらに「同じメニューを注文する」などで共通点を作れば会話も大きく発展するかもしれません。

  • 【3】露出を控えた清楚な水着を着用する

    「女のガードが固ければ固いほど男は攻め崩したくなるのかも」(30代女性)など、男性にとって露出が多ければそれでOKというわけではないようです。サンダルやアクセサリーなども派手な物ではない方が、シックな大人女子の魅力を引き立ててくれるのではないでしょうか。

  • 【4】男性が声をかけてきてもすぐには飛びつかないようにする

    「男女の駆け引きは常に女性が有利だから焦らないで」(20代女性)など、ナンパされても警戒せずすぐに打ち解けるようではNG。まずは「お仕事はなんですか?」といった質問をして、相手が誠実な人か見極めてからトークをするといいのではないでしょうか。

  • 【5】パラソルなどの下で優雅に読書をする

    「周りが賑やかな分、落ち着いた雰囲気の女性には視線が集まる」(30代女性)など、あえて静かに過ごすことで注目を集めるという手も。ビジネス書や実用書などで海とのギャップを見せられると俄然男性の興味を引けるのかもしれません。

  • 【6】大勢ではなくてあえてアラサー女子2人だけで行く

    「少人数の方が自分にスポットがあたりやすい」(30代女性)など、グループで行くのも楽しいですがあえてわずかな人数で行く方法です。いい出会いがあったとき「その他大勢の一人」にならず男性としっかりお話ができるので自分の魅力が伝わりやすいのかもしれません。

  • 【7】ビーチボールが飛んできてもすぐには拾わないようにする

    「がっついてる女性だと思われないようにする」(30代女性)など、ビーチボールを使ってちょっかいを出されてもすぐに反応しては男性からの印象もよくないようです。「3回に1回だけキャッチする」ぐらいのつもりでいる方が大人女子としての余裕を見せられるのではないでしょうか。

  • 【8】たまに開催されるビーチイベントには必ず参加をする

    「サーフィン体験でコーチをしてたのが今の彼氏(笑)」(30代女性)など、ときには積極的に行動を起こすのもいいのかもしれません。「この浜辺は初めてなので色々教えて下さい」と聞いてみれば、相手の優しさや包容力の度合いもわかるのではないでしょうか。

  • 【9】海の家などでスマホを触らないようにする

    「携帯ばかりを見ていたらノリが悪いイメージを持たれるので」(30代女性)など、ビーチでも、街中での飲み会と変わらない「暗黙のルール」が適用されるようです。海は特にストレスから解放される場所でもあるので「浜辺にいる間は極力スマホを見ない」というくらい割り切ってもいいのかもしれません。

「アラサー女子流」では知識と経験から生み出された説得力の強い行動が沢山あるようです。自分なりに出会いの方法をアレンジしてみるといいかもしれません。「トレンドの水着を着ない」という流行にあえて逆らうことも出会いのきっかけになりそうです。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock