魅力を感じる男性の香りあるある7パターン


「なんかこの人いい匂い…」と思うと、なんだかドキドキして恋に発展することもありますよね。女性は男性のどのような香りに魅力を感じるのでしょうか。そこで今回は10代から30代のオトメスゴレン女性読者に「魅力を感じる男性の香りあるある」を聞いてみました。

  • 【1】洗濯物、柔軟剤の香りにホッコリ

    全く不快感を感じず、逆にドキっとしてしまう優しい柔軟剤や洗濯物の香り。ニオイのことも気を遣っていて、清潔感があるなぁと好印象です。

  • 【2】清潔感のあるボディソープの香り

    お風呂に入ったあとのせっけんの香りはなんともセクシーでうっとり。なんとなく落ち着きます。

  • 【3】その男性ならではの「自然な体臭」

    人工的な香水などの香りより、その人本人のニオイに魅力を感じることも。もちろんお風呂に入っていないことが原因の体臭の臭さはNGですが、その人にしかない体臭を好むこともあるようです。

  • 【4】好青年なイメージのシトラス系の香り

    明るい印象のシトラス系の香りは、爽やかな印象がしてキュンとくること間違いなしですよね。

  • 【5】爽やかなミント系の香り

    クールで涼しい香りのミントは男性ならではの爽やかなイメージです。

  • 【6】母性本能をくすぐる「ミルク」の香り

    赤ちゃんのようなミルクの香りに「かわいい」と母性本能をくすぐられることも多々あります。温かみのある香りは優しい印象を受けます。

  • 【7】セクシーで男らしさを感じる「汗のニオイ」

    野性的で男らしさがむんむんの汗のニオイ。ただし、あまりに汗臭くて耐えられない!というのはNGです。

無意識に香りによって印象が決まってしまうもの。全然タイプじゃない!と思っていても、いつの間にか相手の男性の香りにドキっとして意識し始めたり、居心地がいいな~と感じたり、ニオイの影響はとても強いようです。
Photo:All images by iStock