合コンで「この男性、女慣れしてないところがいい!」と思う瞬間あるある7パターン


合コンに参加していても心の中では「あまり合コン慣れしてない硬派な男性がいいな」と思うのがオトメ心。相手の男性があまり合コン慣れしてなくて好感が持てた…ということもあるようです。今回は10代から30代のオトメスゴレン女性会員に聞いた「合コンで『この男性、女慣れしてないところがいい!』と思う瞬間」を紹介します。

  • 【1】会話に乗り切れていなくともニコニコと飲んでいるとき

    世話焼きタイプの女性なら、話していない男性がいると「話しかけてあげたい!」と逆に積極的になれることも。

  • 【2】自己主張が激しくなく必死感がないとき

    自分のアピールにあまりにも必死な男性には引いてしまうことも多々。周りの話を聞けたり、女性陣の話に興味を示す姿には好感を持てます。

  • 【3】料理を取り分けたときはいつも「ありがとう」とお礼をいってくれるとき

    些細なことではあるけれど、一言お礼を言われるだけでうれしいもの。取り分けた料理を丁寧に受け取る姿にキュンとします。

  • 【4】決してボディタッチをしたり慣れ慣れしくしてこないとき

    軽々しくボディタッチをされると「自分のことを軽くみてるんじゃ?」と不快な気持ちになることも。丁寧な扱いをうけると、真剣に感じて相手のことが気になってきます。

  • 【5】電話番号をとりあえず全員に聞こうとしていないとき

    誰とでも連絡先を交換するよりも、気になる女性にだけ特定して連絡先を聞く行動に「誠実さ」を感じます。

  • 【6】席替えタイムなど合コンならではのイベントで戸惑っているとき

    どうしていいのか分からずおろおろしている姿にキュンとくることも。合コンらしいやりとりに慣れていない様子が母性本能をくすぐります。

  • 【7】まるで会社の接待かなにかのような真面目な自己紹介をするとき

    ガチガチになって自己紹介している様子から緊張が伝わり、堅苦しい自己紹介がなぜか好感になることがあります。

「楽しい合コン=合コン慣れしている男性ばかりがいる」ではなく、硬派で誠実そうな男性に出会えた時こそ、この合コンに来て本当によかったと思える瞬間のようです。
Photo:All images by iStock