ムッとしてしまう男性からの褒め言葉あるある7パターン


「もしかすると今のは褒め言葉?」とムッとしてしまう男性からの言葉が多々あります。どのような言葉に女性はイラっとしてしまうのでしょうか。そこで今回は10代から30代までのオトメスゴレン女性会員に聞いた、「ムッとしてしまう男性からの褒め言葉あるある7パターン」を紹介します。

  • 【1】「このむちむち感がたまらない」って…「デブってこと?」

    「ぽちゃっとしていて可愛いよね」と男性は褒めているつもりでも、女性からするとかなりショックな言葉。デブと遠まわしに言われているのではと恥ずかしくなります。

  • 【2】「化粧がうまいよね」の意味は「すっぴんはブサイクってこと?」

    「塗りたくって人工的だね」と言われたようで不快感はマックス。化粧を褒められるのはけして「かわいい」と言われている気になりません。

  • 【3】「健康的な体型だね」は意外とショック。「色気がないってこと?」

    スタイルのことを言うこと自体がデリカシーゼロ。さらに「健康的」だと、女性としてはセクシーさがないと言われているような気になるのでショックは大きいですよね。

  • 【4】「さすが、ベテランっ!」はイコール「歳をとっているってこと?」

    「年齢がいってるね」と言われた気がする言葉。合コンなど初対面の男性がいる場では特に年齢を匂わせる発言は控えてほしいものです。

  • 【5】「意外と女っぽいところがあるね」という「普段は女にみえない」発言

    いつも女っぽくなくて悪かったね、と思わずいじけてしまうことも。男性からすると褒め言葉な一言でも、女な一面が普段ないような発言にはムッとしてしまいます。

  • 【6】「君の外見に惚れたわけじゃない」ということは「見た目は可愛くないってこと?」

    内面を評価してくれようとしてることは伝わりますが、まるで外見を否定されたような気分になり傷つく一言です。

  • 【7】「居酒屋とかいかないでしょ?」と言われると「金のかかる女ってこと?」と不快に。

    「お高くとまってる」という意味なのではと傷ついてしまうことも。お金がかかる女だというイメージがつくのだけは避けたいところです。

男性からの褒め言葉が逆に自分の印象を悪くしてしまうのではとひやひや。余計なことは言わないでほしい…と本気で思ってしまいます。
Photo: All images by iStock