彼女のけなげさに、「別れの言葉」を思わず飲み込んだ瞬間9パターン


大好きな彼から別れを告げられて、なんとか思いとどまってほしいと挽回を試みたことはありませんか。翻意を促す「決定打」を覚えておけば、いざというときに役立つかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性469名に聞いたアンケートを参考に「彼女のけなげさに、『別れの言葉』を思わず飲み込んだ瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「最近、ちゃんと眠れてる?」とやさしく気遣われたとき

    「『顔色悪いよ?』と心配そうな表情に、決意が揺らいだ」(20代男性)というように、彼女からの思いやりあふれる言葉に、男性は心を動かされるようです。手料理やサプリの差し入れも、やさしさが伝わるでしょう。

  • 【2】「私にはあなたしかいないの」と涙を溜めた目で見つめられたとき

    「『あなたなしでは生きていけない』とシクシク泣き始めた彼女を、突き放すのはあまりにも酷な気がして…」(20代男性)など、泣き落としも効果がありそうです。ただし、未練がましくなり過ぎないように加減を考える必要があるでしょう。

  • 【3】「一緒にいられてうれしい!」と満面の笑顔を向けられたとき

    「俺はなぜこんないい子と別れようとしてるんだろうと我に返った」(20代男性)というように、自分がかけがえのない存在であることを思い知らせる方法です。計算高さを感じさせないような邪気のないスマイルを練習しておくと良いでしょう。

  • 【4】「悪いところがあったら直すからそばにいさせて」と懇願されたとき

    「『私ちょっと重かったでしょ?ごめんね』としおらしく謝る彼女を無下にはできなかった」(20代男性)など、素直に詫びて今までの態度を改めようとする姿勢に心を打たれる男性もいます。あきらめが悪いと思われてしまう可能性もあるので、相手の反応を見ながらにしたほうが良さそうです。

  • 【5】「初めてのデートはすごく緊張したよね」と付き合いはじめの初々しい思い出を語られたとき

    「好きで好きで仕方なかったころを思い出した」(10代男性)というように、過去の幸せいっぱいなエピソードを持ち出して、男性を初心に帰らせる作戦です。楽しかった記憶が、彼の心をつなぎとめてくれるかもしれません。

  • 【6】「今度、温泉に行こうね!」と楽しそうに先々の予定を立てられたとき

    「はりきってガイドブックを買ってきた彼女が気の毒で、別れを切り出せなくなった」(20代男性)など、今後の計画を練ることで、別れを先延ばしにするのもありでしょう。引き伸ばし工作であることが悟られないように気をつけたいものです。

  • 【7】「別れても、好きな気持ちは変わらないから」と必死で平気なふりをされたとき

    「気丈に明るくふるまう彼女を見て、もう少しこのままでいようと決めた」(10代男性)というように、元気な様子を装う姿や変わらぬ愛情が、男性の決断に歯止めをかけるケースです。ジメジメと湿っぽくならないように努めれば、女性らしいいじらしさがアピールできそうです。

  • 【8】「この笑いわかってくれるのは○○君だけー!」と同じツボで盛り上がったとき

    「一緒にまったりとテレビを見ていて、こんなふうにくつろげるのはこの子とだけだなと悟った」(20代男性)など、相性や居心地の良さをアピールするのも一案です。彼氏のテンションが上がりそうなネタを用意しておくと良いかもしれません。

  • 【9】「別れたくない!」と必死ですがりつかれたとき

    「『ヤダヤダ!大好きだもん!』と駄々をこねる彼女を目にして、この子を一人にはできないとあらためて思った」(20代男性)というように、なりふり構わずに思いのたけをぶつけるやり方です。やり過ぎると、彼氏の心が余計に離れてしまうおそれもあるので、程度をわきまえたほうが良さそうです。

彼氏の意思があまりに固い場合、決心を覆すのは簡単ではありませんが、ダメもとで試す価値はありそうです。したたかな印象を与えないように、演技ではない率直な思いを伝えましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計469名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock