ベンチャー経営者など「肉食男子」を虜にさせる5つのポイント


草食男子が増えていると言われている中で、一定数生息している肉食男子。特にネットベンチャーの経営者などに多いのではないでしょうか。では、彼らのような肉食男子を夢中にさせるにはどうしたらいいのでしょうか。そこでおすすめなのが『男が手放さないヒミツ』(内野彩華|大和出版)です。銀座のクラブでナンバー1だった実績を持つ筆者が「肉食男子」を攻略するコツについてもレクチャーしています。

  • 【1】「男らしい人が好き」、「包容力のある人が好き」とアピールする

    組織を率いている経営者にとって、「男らしさ」や「包容力」は意識している要素。女性からの褒め言葉として、「男らしい!」「包容力がありそう!」と言われると、テンションが上がってしまうのが肉食男子の性質だそうです。好きなタイプを聞かれたとき、「男らしい人が好き!」とアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「モデルをやっていた」、「◯◯大学卒」などの肩書きをできる限りアピールする

    ハンター気質の肉食男子は、普通の女の子を落とすことでは満足できないようです。市場価値のある女性を落とした方が、自分の達成感が満たされると筆者は分析しています。圧倒的な実績ではなくても、カットモデルでも、ちょっとした雑誌でもいいので、少しでも実績があればアピールしてみましょう。

  • 【3】自由気ままな発言をする

    肉食男子は興味旺盛なので、「自由気ままな発言」も面白がって聞いてくれるそうです。また、ベンチャー経営者は、自由気まままに生きていることが多いので、自分との共通点を見出すのかもしれません。ただし、あまり過激に言い過ぎると「夢もビジョンもない、ただの薄い女?」と呆れられるので注意が必要です。

  • 【4】前向きな発言をする

    前向きな発言は、多くの男性にとって聞いていて気持ちがいいものだと筆者は述べています。ベンチャー経営者自身も仕事において、山もあれば谷も経験している方です。前向きな気持ちを持つことの大切さを実感している方も多いでしょう。だからこそ、前向きな発言をする女性に対して、好感を抱くのかもしれません。

  • 【5】必ず、ちょっと「負けて」あげる

    「ちょっとだけ、優位に立ちたい」と考えるのが、男という生き物だと筆者は語ります。特に肉食男子はその傾向が強いのかもしれません。男が優位に立てないと、別の女に走ったり、卑屈になる恐れがあります。自分の得意分野であることであっても、男性の方が優れていることを認め、ヨイショする必要があるようです。

肉食男子の性質についてご理解いただけたでしょうか。付き合うことがゴールではなく、「その先」も大切なことです。お付き合い後も良好な関係を続けることができるように、自分のキャラを理解し、無理し過ぎず「自分らしくアプローチ」したいものです。
Photo:All images by iStock