女として扱われていない!?とショックを受ける瞬間7パターン


片思い中、脈ありかどうかを知るには「女として扱ってもらえるかどうか」は最も大事なポイント。まるで男同士のようなガサツな対応をされてしまうと一気に落ち込むことに。そこで今回は10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『私って女として扱われていない?』とショックを受ける瞬間」を紹介します。

  • 【1】品のない下ネタばかりを普通に話されたとき

    同性同士だからこそ話せるリアルな下ネタをバンバン話されると「この人自分のことを異性だとおもっていないんじゃない?」とショックを感じます。

  • 【2】虫などの駆除を頼まれたとき

    虫などに関わらず、外敵からは守ってほしいとおもうのが女性の心理。逆に頼まれては、「自分も一応は女なんですけど」とがっかりしてしまいます。

  • 【3】男ばかりの集まりに一人だけ女性として呼ばれたとき

    「もしかして自分も男友達と同列?」と落ち込みます。さらに「だれか女の子、呼んでよ」と言われた時には、なんでここにきてしまったのだろうかと後悔ばかりが生まれます。

  • 【4】重い荷物を持っているのに全く気づかいがないとき

    せめて「大丈夫?」と声をかけてほしいものですが、全く気づかいを感じられないのはちょっとショック。いくら仲が良くても男女の体力差は感じてほしいのが本音です。

  • 【5】きっちりあたりまえにワリカンをされるとき

    ワリカンだと女扱いをされていない感抜群。ワリカンが嫌なわけでなく、「自分は恋愛対象外なんだ」と落ち込んでしまいます。

  • 【6】合コンなどで、面白いネタとして自分の話をされるとき

    初対面の人の前で自分をネタにする非常識な行動にイライラ。もう一緒に合コンはしないと思う瞬間です。

  • 【7】デートの帰りに「送るよ」の一言もなくあっさりなとき

    デート帰りの扱いはかなり重要視している女性は多いはず。あまりにもあっさり帰宅されてしまったり、「送るよ」の一言がないと不安になる一方です。

気になる相手からの扱いがあまりにも雑だとかなりショック。ちょっとした言動でも落ち込んだりしてしまいます。男友達のように対等に接したりするよりも、ちょっと頼ってみたり、甘えてみたり女性らしい一面を多くだすことで、今までの対応が変わるかもしれません。
Photo: All images by iStock