[ブックレビュー]「彼氏に振られた…でも復縁したい!」リベンジ女子のアプローチ9つ


彼氏に振られて、まったく諦めきれず、復縁を願っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。『あきらめきれない彼との間にうれしい奇跡が起きる本』(Dr.タツコ・マーディン|扶桑社)では、彼氏に振られた女子のための復縁アプローチをレクチャーしてくれます。そこで今回は、「彼氏に振られた…でも復縁したい!」リベンジ女子のアプローチについて紹介します。

  • 【1】別れて2ヶ月以上たったころに、メールする。

    別れてすぐに連絡するのではなく、彼が懐かしく思うくらいのタイミングでメールすることがベター。内容についても、「連絡をください」とお願いするのではなく、自分の優位な立場を築きあげるために「どうしてますか?最近は仕事充実してきましよ」とアッサリな内容にすることを著者は勧めている。

  • 【2】彼から誘いがあってもテンション低めに対応する。

    すぐに約束に飛びつき、「行く!行く!」とリアクションすれば、「誘いを待っていたの?もしかして」と彼が引いてしまう可能性がある。また、露骨に喜んだ場合、彼の方が強い立場になり、今後の復縁アプローチにおいて、不利に働く恐れがあると筆者は語っている。

  • 【3】お茶を誘われても、必ず一度は断り、代替日程を提示する。

    「来週なら空いている」と代替案を提案することで、彼の気持ちを確かめることができるそうです。適当な時間潰しとして会う男性もいるので、彼の「会いたい」気持ちを確かめる上でも、一度断り、代替日程を提案することは重要なプロセスとなります。

  • 【4】恋人時代に呼んでいた呼び捨て・愛称もNG!まるで初対面かのように、他人行儀に話す。

    恋人のときと同じような呼び方や接し方をした場合、彼は「彼女はまだ恋人気分なのか、俺はそんな気分にはなれないけど」と引いてしまう恐れがあるそうです。懐かしい気持ちと嬉しい気持ちで、慣れ慣れしくしてしまいそうだが、そこはしっかりと我慢する必要があります。

  • 【5】破局後、初めて会ったときには、30分で切り上げる。必ず自分から切り上げる。

    彼に「惜しい気持ちさせる」ことが次のデートに繋がると著者はいいます。振られた自分の価値は「低い」状態なので、自分の価値を高める必要があります。そのためにも、30分以内に自ら「今日はありがとう。別の用事があるから、いかなくちゃ。」とサラリと言い放ち、切り上げることが重要なポイントになるそうです。

  • 【6】弱っている自分をアピールしない、悟られないようにする。

    彼の顔をみたとたん、つらい気持ちを分かって欲しくて、「弱っている女」をアピールする方が多いそうです。しかし、彼に同情してもらって、無理に復縁しても、長続きしないと筆者は述べています。どんなつらくても、演技でもいいから堂々した態度で接することで「価値のある女性だった」「逃した魚は大きかった」と思わせることが重要であり、この感情が復縁の成功させるポイントになります。

  • 【7】彼の「恋の近況」を聞かない。

    「新しい彼女ができたのか?」「好きな人ができちゃったのか?」と彼の恋の近況は聞きたくてウズウズしてしまうもの。しかし、彼を詮索するような質問することによって、「俺に気があるの?」と思われて、自分の価値が低くなってしまうと著者は語っています。別れた時点で、もうすでに彼のプライベートを聞く資格がないと決意しておいた方が良いでしょう。

  • 【8】「好きな人できた?」と聞かれたも、「そんな話はいいじゃん」と話をそらす。

    自分の価値を高めることが重要だと考える著者。「好きな人できた?」と聞かれたとしても、話をそらし、「もう違う男性と付き合ってしまっているの?」と彼を不安なきもちにさせることがポイントのようです。

  • 【9】彼がベタベタしても、拒絶する。

    彼から別れを告げたにもかかわらず、ベタベタしてくる男性は、都合よくエッチしたい可能性が高いそうだ。「今はそんな気持ちになれない」とキッパリと断ることが重要となります。気持ちが動いてしまいそうであっても、復縁を実現させるためにグッと我慢しましょう。

復縁を実現させるためには、「別れた彼氏は、恋人ではない」と割りきって他人行儀に距離を取ることで、彼から見た「自分の価値」を高めることがポイントのようです。別れを告げられた立場としては、ついつい甘えたくなったり、弱音を漏らしたくなりますが、心を決めて気丈に振る舞いたいものです。


<関連サイト>
『あきらめきれない彼との間にうれしい奇跡が起きる本』(Dr.タツコ・マーティン|扶桑社)