別れたあとも「永遠の彼氏気取り」をしがちな男性の特徴9パターン


別れて大分たつのに、未だに彼氏気取りの元カレは困りもの。思っているだけならまだしも、女性の行動に口を出したり、周りに妙なことを言いふらされると厄介です。そこで20代、30代の女性読者に、「別れた後も『永遠の彼氏気取り』をしがちな男性の特徴9パターン」を聞いてみました。

  • 【1】やたらと束縛したがる「支配欲の強い男性」

    「一度でも付き合った女は、ずっと自分のものだと思っている」(20代女性)など、女性を独占したがるタイプです。別れた後も元カノのSNSやブログをチェックし、余計な口を挟んできたりします。干渉を避けたいなら、ブロックするなど早めに手を打った方がよいかもしれません。

  • 【2】最初の彼女だからこそ幻想を捨てられない「恋愛が初めての男性」

    「女も初めての男性は印象深いから、分からなくはないけど…」(20代女性)というように、初恋愛の相手を特別視するタイプです。思い出が美化され、実際のあなたとはかけ離れた人物像になりがちですが、悪く言われることは稀なので、「永遠のマドンナ」になったと前向きに考えてはいかがでしょう。

  • 【3】自分の希望は常に叶うと思っている「甘やかされて育ったマザコン男性」

    「自分が言えばヨリが戻ると本気で思ってるらしい…」(30代女性)など、女性はみんな母親同様に優しいと勘違いし、常に受け入れてもらえると信じているタイプです。決別したいなら、あなたと新しい彼氏の親密ぶりを見せつけるなど、荒療治が必要かもしれません。

  • 【4】次がないと思うからこそ過去にすがる「モテない男性」

    「見栄を張りたいだけ。新しく彼女を作る努力をすればいいのに」(20代女性)など、「彼女がいた」ことを強調するために元カノを持ち出すタイプです。男性本人も過去の栄光に過ぎないと自覚していることが多いので、付きまとわれるなどの実害は少ないでしょう。

  • 【5】自分が好きなうちは相手も好きだと信じて疑わない「自信過剰な男性」

    「別れて半年。未だに冷却期間とか言ってるし!」(30代女性)など、何でも都合よく解釈するタイプです。基本的にポジティブで少々の拒絶では動じないため、周囲に誤解されたくないなら、本人よりその友人に「愛情はない」とアピールした方が早そうです。

  • 【6】女性をアクセサリーのように考えている「もともと情の薄い男性」

    「付き合っていても別れても、彼にはどうでもいいみたい」(30代女性)と、女性に執着がないからこそ態度が変わらないタイプです。突然、昔一緒に行ったアーティストのライブに誘ってきたりするので、女性側はいろいろ気を回してしまいますが、特別な意図はないことがほとんどです。

  • 【7】仕事も恋愛も成功体験ばかりだった「挫折したことのない男性」

    「振られたことが信じられないのか、別れても今まで通りメールが来る」(20代女性)など、別れのショックを受けとめ切れず、現実逃避するタイプです。現実を理解すれば引き下がることも多いので、距離を置きつつ様子を見ましょう。

  • 【8】二人の出会いは運命だったと信じ込んでいる「夢見がちな男性」

    「『二人の魂はずっと一緒だね…』と言われても(笑)」(20代女性)など、今は他人であるという事実を無視し、精神的な絆を主張するタイプです。男性に新しい彼女ができれば、別の運命を感じてくれるかもしれません。

  • 【9】女性は男性に守られてこそ幸せと考える「庇護欲の強い男性」

    「『一度でも付き合った女には責任がある』とか考えてそう」(20代女性)というように、変に義理堅く余計な世話を焼きたがるタイプです。元カノに新しい彼氏ができるとあっさり離れる傾向があるので、「彼氏ができた」とウソをつくのも手です。

元カレの「彼氏気取り」を防ぐには接触を絶つのが一番ですが、付き合いが残る場合、中途半端に親しさを残すと相手を増長させる原因に。愛称をやめて苗字呼びにする、メールアドレスやSNSの友達グループを変えるなど、元カレに見える形で変化をつけましょう。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock