デートをOKする前に見極めたい「しつこい男」の見分け方9パターン


男性と気軽にデートしたら、しつこく付きまとわれて困った…という経験はありませんか?事前に相手の「キケン度」を見極められれば、こうした失敗も減らせそうです。そこで今回、恋愛経験豊富な20代、30代の女性読者に「デートをOKする前に見極めたい『しつこい男』の見分け方9パターン」をリサーチしてみました。

  • 【1】会った瞬間から名前を呼び捨てにするなど「馴れ馴れしい男性」

    「いきなり距離を詰めてくる男性が、その後控えめになるはずがない」(30代女性)との意見に思わず納得です。恋愛慣れした男性に多いタイプなだけに、口説き方が強引だから真剣だとは限りません。相手のペースに巻き込まれないよう注意しましょう。

  • 【2】メールの返信がやけに早い「マメ過ぎる男性」

    マメな男性を歓迎する女性は多いですが、「普通そんなにヒマじゃない。がっついている証拠」(30代女性)という指摘もありました。いずれにせよ、デート後にフェードアウトしようとしても、怒涛のメール攻撃で、あっさり逃がしてはくれなさそうです。

  • 【3】カッコいい自分が拒絶されるわけがないと信じている「ナルシストな男性」

    「普段モテてると、自分に興味ない女の存在が納得できないみたい」(20代女性)など、自己評価の高い男性は、女性に拒否されると意地になりやすいようです。ただし、モテ男であろうとナルシストとは限らないので、相手の性格をきちんと見極めましょう。

  • 【4】女性の意思を尊重する姿勢のない「オレ様な男性」

    「一度でもデートしたら『オレの女』扱い。こっちに拒否権なし!」(20代女性)というように、常に上から目線の男性は、とことん自己中なアプローチをしがちです。ただし、強引に引っ張っていってほしいと思う女性となら、相性は悪くないかもしれません。

  • 【5】会話が弾んでいないことに気付かない「空気が読めない男性」

    「メールを無視するなどNOサインを出し続けても、意に介さないからビックリ」(20代女性)というように、女性の拒絶オーラが通じないため、悪気はなくても結果的にしつこい男になる可能性大。忘れた頃にまた誘ってきたりするので、自然消滅は難しそうです。

  • 【6】自分に足りないものを女性に埋めてほしい「コンプレックスが強い男性」

    「すぐ依存してきて、断ると逆ギレされることも」(30代女性)など、こじれると厄介な相手かもしれません。なかでも、褒められたい気持ちの裏返しで女性に卑屈な態度を取るタイプは、甘えが強い傾向が。丸ごと受けとめられる好意がないなら、安易にデートに応じない方がよいでしょう。

  • 【7】実は女性をオトすことだけが目的の「短期恋愛型の男性」

    「迷惑がっててもお構いなしだから、断り文句も尽きる…」(20代女性)というように、ゲーム感覚で女性を口説く男性は、なりふり構わず押してくる傾向があります。過去の恋愛がすべて短期間だったり、「元カノはモデル」など元カノを自慢する男性には要注意です。

  • 【8】交友関係が狭くで一人の相手に執着する「友達の少ない男性」

    「人間関係が『狭く深く』なので、一度デートしただけで身内扱い」(30代女性)など、男性に悪気はなくても「重い」行動につながりやすいようです。一対一でデートする前に複数で飲みに行くなど、まず様子を見てはいかがでしょうか。

  • 【9】思ったようにならないと逆上する「大人になりきれない男性」

    「拒否されると癇癪を起こして大騒ぎ。周囲にも私の悪口を言いふらす」(20代女性)など、自分に不都合な現実を受け入れない、精神年齢の低い男性にも要注意です。デートを断る時点でもひと悶着ありそうですが、同じ揉めるなら、初期の方が傷は浅いでしょう。

デート後に男性が続けて誘うのは、恋愛のセオリーからすれば当然です。口説かれたくない相手とはデートしないのが一番ですが、デート中でも「この人はないな」と感じたら途中で切り上げて帰るなど、早い段階ではっきりNOアピールをした方がよいかもしれません。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock