男性によく思われたくてデート中セーブすることあるある7パターン


気になる男性の気をひきたいがために、普段の自分を隠して努力をしたり、背伸びをしたり。ちょっと我慢をしながら頑張ることもありますよね。そこで今回は10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「男性によく思われたくてデート中セーブすること」を紹介します。

  • 【1】お腹いっぱいになるまで食べる

    満腹になるまで本当は食べたいけど、「よく食うなー」と引かれることを心配して思わずセーブしてしまいます。

  • 【2】束縛するような発言を言うこと

    「毎日連絡を取りたい」、「今日の夜電話して」、などのワガママは、男性にとっては重いのかも…と躊躇します。

  • 【3】大口を開けて爆笑する

    口を大きくあけて爆笑すると下品だと思われるかも…と心配をしてしまい、思うように笑えないこともしばしばです。

  • 【4】整理整頓ができないなどだらしなさをカミングアウトすること

    本当はすこしズボラで面倒くさがり屋な面があっても、男性の前では完璧な女性を演じてしまいます。

  • 【5】いままでの経験人数を正直に言うこと

    女性同士ではコイバナは最高のネタですが、男性の前では「遊んでる」という印象を与えてしまわないよう、少なく申告する女性も。

  • 【6】デート中に何度もトイレにいく

    恥ずかしさから、トイレに行くのを我慢しちゃうことだってあります。

  • 【7】コスプレ好きなどオタクな一面を出すこと

    ちょっとコアな趣味を持っていたり、オタクだということを知られると一気に恋愛対象から急降下しそうでさらけ出せません。

好きな男性に好印象を与えたくて、ついつい本当の自分を隠して頑張ってみちゃうこともありますよね。男性と仲良くなってきたら、少しずつ自分のことを話して本当の姿を見せれば、案外簡単に受け入れてくれるかもしれません。
Photo:All images by iStock