街で男子から「ナンパしやすい」と思われる女子の特徴9パターン


軽いわけではないのに、なぜかよくナンパをされて困っている女子がいます。一体彼女たちはどんなことに気をつければ、ナンパされなくなるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「街で男子から『ナンパしやすい』と思われてしまう女子の特徴」をご紹介します。

  • 【1】露出度の高いセクシーな服を着ている

    「判断基準は見た目。やっぱりセクシー系の服のほうが軽そう」(20代男性)など、露出度の高い服装には特有のイメージがあるようです。よくナンパされるという女子は、一度自分のファッションを見直してはいかがでしょうか。

  • 【2】所在なさげで、暇を持て余しているように見える

    「暇そうな子のほうが成功確率が高い」(20代男性)など、ナンパ目的で街をうろつく男性は、時間のありそうな女性を見つけて声をかけるようです。時折時間を確認して待ち合わせがあるように振る舞うなど、工夫次第でナンパから逃れることができそうです。

  • 【3】足元もおぼつかないほど酔っている

    「夜中に酔ってると『送ってあげる』とか言い訳も色々…(笑)」(20代男性)など、前後不覚になるほど酔うと、ナンパ目的の男性に付け入る隙を与えることになりそうです。一人で帰れないほどお酒を飲むのは控えるなど、自己防衛の必要があるでしょう。

  • 【4】ツンとした雰囲気がなく、優しそうに見える

    「キツそうな子には無視されそうだから声をかけない」(20代男性)など、ナンパ目的の男性は、多少なりとも話を聞いてくれそうな優しげな女性に声をかけるようです。逆に言えば、声をかけられても無視していれば、しつこくされることもないでしょう。

  • 【5】ギャルっぽいファッションで遊び慣れていそうである

    「クラブで見かけるギャルはナンパ慣れしてそう」(20代男性)など、ギャル系の服で夜の遊び場にいると「ナンパ待ち」と思われても仕方ないかもしれません。ファッションや遊び場を変えたくないなら、男友達を誘ってはいかがでしょうか。

  • 【6】待ち合わせ場所のメッカに長時間一人でいる

    「待ち合わせをすっぽかされた子は一番狙い目!」(20代男性)など、遊ぶつもりで来たのに予定が狂ってしまった女性は、ナンパ目的の男性にとって一番「落としやすい」ターゲットである様子。待ち合わせ場所を落ち着いたカフェなどにして、予防策をとりましょう。

  • 【7】ティッシュやチラシを断れずに受け取っている

    「『断れない子』ってことで、ナンパも押し切れそう」(20代男性)など、街でティッシュやチラシを大量に受け取っていると、「ナンパも断れないのではないか」と思われてしまうようです。ついチラシをもらってしまう人は、両手に荷物を持つなどして、何も受け取れない状態を作るといいかもしれません。

  • 【8】元気な女子二人連れでノリがよさそうに見える

    「ハードルの高い子より、ノリのいい子と遊びたい」(20代男性)など、「ナンパに偏見のない子たちと同じノリで楽しく過ごしたい」というのが男性側の本音のようです。女友達と大声で話しながら繁華街を歩いていると目につきやすいので注意しましょう。

  • 【9】道に迷っているか、街に不案内なように見える

    「キョロキョロしてる子は大抵街に不慣れだから、声もかけやすい」(20代男性)など、「おのぼりさん」な雰囲気を出していると、ナンパ目的の男性から標的にされてしまうようです。目的地がわからない場合はカフェに入って調べ直すなど、街なかで不案内な素振りを見せないよう気をつけましょう。

ほかにも「こんな女子がナンパしやすいと思われがち」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock