「お酒に弱い男性」に飲み会を楽しんでもらうための上手なフォロー9パターン


アルコールが苦手な男性にとって、「飲み会」は周囲が思う以上に気を使う場かもしれません。少しでもリラックスして楽しんでもらうためには、どう接してあげるといいのでしょうか。そこで今回は、20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に「『お酒に弱い男性』に飲み会を楽しんでもらうための上手なフォロー9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「今日は食べるぞ!」と食事モードであることを宣言して、下戸男性を巻き込む

    「『飲みよりメシ』タイプの女子がいると、安心して食べられます」(20代男性)など、酔うことより食欲を満たしたい男性に合わせてあげるパターンです。焼き肉やお好み焼きといった「がっつり飯」がある居酒屋を選ぶと、飲めない男性にも喜ばれるでしょう。

  • 【2】「健康そうでいいな」と、酒太りしていないカラダを褒める

    「酒飲みに勝っている部分を指摘されるとうれしい」(20代男性)というように、飲酒しないことの利点に着目して、うまく乗せる方法です。「健康管理ができる人って、仕事もできるよね」などと話を発展させてしまいましょう。

  • 【3】「すごく信用できる人なんだね」と、酔って豹変しない誠実さを評価する

    「酔ってハメを外すことがないマジメさを買ってほしい」(20代男性)など、お酒におぼれることのない人間性を高く買うのもアリでしょう。「会計係、一緒にやりませんか?」と上手に頼って、信頼感を示したいところです。

  • 【4】「会社の飲み会とか、付き合うの大変でしょ」と、苦労を察してねぎらう

    「理解者がいてくれると心強い!」(20代男性)というように、アルコール弱者の立場を思いやった発言ができると一気に距離が縮まりそうです。「アルハラって嫌よね」とお酒をムリに飲ませる行為を敵視して、味方であることをアピールしましょう。

  • 【5】「シャーリーテンプルなんてどう?」と、こっそりノンアルコールカクテルを勧める

    「自分でノンアル系を頼むのは気が引けるので、誰かに誘導してほしい」(20代男性)など、「飲んでいるフリ」をお手伝いするのも、感謝されるかもしれません。お店の人に相談してメニューにない「焼酎抜きのレモンサワー」などを出してもらうのもひとつの手段です。

  • 【6】「私は勝手に飲むから気にしないで!」と、遠慮する素振りを見せない

    「自分に合わせず、好きに飲んでくれると気がラク」(20代男性)というように、あえてガンガンお酒を飲んでしまうことで、飲めない男性に罪悪感を抱かせずに済む場合もあります。豪快な飲みっぷりを披露して、見ている人を爽快な気分にさせてしまいましょう。

  • 【7】「ウーロン茶を2つください」と、先回りしてソフトドリンクを注文する

    「飲めない自分への配慮にグッとくる」(20代男性)というように、自然な流れでソフトドリンクを注文することで、下戸男子を感動させるパターンです。ノンアルコールドリンクのメニュー表を回すなど、さりげない気配りができると好感度が上がるでしょう。

  • 【8】「無駄遣いしなくてすみそうだね」と、飲み代がかからないメリットを讃える

    「実際に酒豪の男とは金銭感覚が違うと思う」(20代男性)というように、飲酒で浪費しないことを自慢に思っている男性もいるようです。「余ったお金を有意義に使えそうだね」などと、堅実そうなところに期待をにじませておきましょう。

  • 【9】「あなたといっしょにいると楽しいな」と、お酒の力が必要ないことを伝える

    「お酒ナシでムードを作れる俺を褒めてほしい」(20代男性)など、満足感を口にしてあげるだけで、お酒を飲めない男性に自信を与えることができるようです。「話し方が大人っぽいね」などと、シラフの姿を褒めて不安を解消してあげましょう。

総合的に、お酒に弱い男性は、「女性から理解してもらえないこと」を気にしているようです。無闇にイジったりせず、やさしいフォローで癒してあげましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計480名(20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo: All images by iStock