旅行後に、「絶対また行こう!」と彼氏を前向きにさせる行動9パターン


彼氏との旅行は、何度でも経験したいもの。楽しさの余韻が残っているうちに、「また連れて行って!」とアピールすれば、「次」が実現するかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に「旅行後に、『絶対また行こう!』と彼氏を前向きにさせる行動」をご紹介します。

  • 【1】帰宅したら真っ先にお礼のメッセージを送る

    「興奮気味に『ありがとー!!』と届いたときは、もっと喜ばせたくなりました」(20代男性)というように、感謝を述べるのは基本中の基本でしょう。「お礼は帰り際に言ったから大丈夫!」と安心せず、改めて気持ちを伝えることで、彼氏のやる気を刺激したいところです。

  • 【2】「めちゃめちゃ楽しかった!」とSNSで喜びを発信する

    「旅の感想を連投していて、そんなによかったんだ!と嬉しくなった」(10代男性)というように、間接的に喜びを伝えるのも効果的でしょう。「また行けたらいいな」などと誰宛ともなくつぶやけば、投稿を見た彼氏から色よい返信が届くかもしれません。

  • 【3】「あのソフトクリームは絶品だったね」とたびたび思い出話をする

    「もしかして催促?とピンときた」(20代男性)というように、楽しい会話と見せかけて、遠回しに「次」を要求する方法です。とはいえ、すぐに次回が叶わない場合もあるので、しつこく言ってウザがられないようにしましょう。

  • 【4】旅先でのベストショットをスマホの待ち受けにする

    「大切そうに旅の写真を見つめる彼女を、心からいとおしいと思いました」(10代男性)というように、幸せそうな姿を見せて、彼氏を奮い立たせる手もあります。ただし、鈍感なタイプの男性は勘づいてくれなそうなので、別のアピールも併用しましょう。

  • 【5】記念に買ったキーホルダーを目立つ場所につけて持ち歩く

    「あのピンクが色あせないうちに次を計画しないと…と見るたび焦る!」(20代男性)というように、ただ嬉しくて身につけていたものが、男性への無言の圧力にもなるようです。時間の経過を知らしめるために、わざと色あせやサビを放置するのもいいでしょう。

  • 【6】「旅行中のあなたは『頼れる男』って感じ!」とリスペクトする

    「褒められたら、いいところをもっと見せたくなります」(20代男性)というように、彼氏をおだてて乗せるのもよさそうです。相手の負担ばかり増えないように、手配や情報収集は男性、会計は自分などと得意分野で分担すれば、お互いに尊敬の念が増すでしょう。

  • 【7】「星空を眺めたのが最高だったね」と楽しんだポイントを明らかにする

    「雄大な景色が好きだとわかって、次の旅のイメージが一気に膨らんだ」(20代男性)というように、自分の好みを上手に伝えて、彼氏のやる気を後押しする方法です。「実は『滝』って見たことないんだよね…」などと、次回についておおまかなヒントを与えてしまうのもいいでしょう。

  • 【8】「秋は連休が多いよねー」とやんわりプレッシャーをかける

    「『普通にデートするだけじゃもったいない!』とせっつかれて、決心しました」(20代男性)というように、「機会を逃すな!」と説得してしまうのもわかりやすいでしょう。「特別な時間を過ごしたいの」などと甘えたら、彼氏も重い腰をあげてくれそうです。

  • 【9】「今度は秘湯の一軒宿がいい!」と具体的な希望を提示する

    「行き先はいろいろあるから、リクエストしてくれるとすごく助かる!」(20代男性)というように、思い切ってストレートに要求したら、話は早いかもしれません。彼氏の希望も盛り込んで二人とも楽しめるような計画を立てれば、大満足な旅になるでしょう。

すぐに実現できるかはさておき、彼氏を乗り気にさせること自体は難しくなさそうです。準備にもそれなりに時間が必要なので、アピールは早めに開始したほうがいいでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計480名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock