「釣った魚に餌はやらない」男性を見抜くポイント9パターン


「釣った魚に餌はやらない」との言葉通り、付き合い始めると急に冷たくなってしまう男性がいます。上辺の優しさに騙されないためには、何に注意すればよいのでしょうか。恋愛経験豊富な20代、30代の女性読者に「『釣った魚に餌はやらない』男性を見抜くポイント9パターン」を教えてもらいました。

  • 【1】両親の誕生日に贈り物をするなど、家族を大切にしているかどうか

    「親しい相手への接し方にこそ本性が出ると思う」(30代女性)との意見が多数ありました。身内との関係は、本質的な優しさをはかるバロメーターと言えそうです。彼が普段から家族とマメに連絡を取っているか、確認してみてはいかがでしょうか。

  • 【2】好きな映画、食べ物の好みなど、以前話したことを覚えているかどうか

    「口説いている相手の情報をうろ覚えって…誠意なさ過ぎ!」(20代女性)というように、真剣度は、記憶力からも推測できるようです。ただし、遊び慣れた男性は女性の細かい情報を覚えていたりするので、「記憶」だけでなく「好物を覚えていて食べに連れて行ってくれる」など実際の行動で判断しましょう。

  • 【3】「愛してる」などの定番セリフだけでなく、自分なりの言葉で気持ちを伝えてくれるかどうか

    「同じ言葉で済ませるのは手抜きでしょ」(20代女性)との指摘も。愛の言葉がワンパターンだと思ったら、「私のどこが好き?」と聞いてみましょう。「全部だよ」などと簡単にまとめず、あなたの長所を誠実に答えてくれる男性なら、信頼できそうです。

  • 【4】収入に不釣り合いなブランド品など、背伸びしたプレゼントをしないかどうか

    「単なる『初回特典』。最初だけカッコつける典型だと思う」(20代女性)など、身の丈に合わない大盤振る舞いをする男性は、目先のことしか考えない性格かもしれません。あなたを喜ばせたいという気持ちは本物でも、長続きしないと思った方がよいでしょう。

  • 【5】特に事情もないのに、フリーでいた期間が長すぎないかどうか

    「人に合わせるのが嫌いなタイプかも」(30代女性)と独りが長い男性を心配する声も聞かれました。最初はよくても、関係が落ち着くと個人主義に戻ってしまうリスクがあるようです。男性に悪気はないので、ベタベタした恋愛関係が苦手な女性なら、大丈夫かもしれません。

  • 【6】化粧品など男性には興味がない買い物でも、楽しく付き添ってくれるかどうか

    「サービス精神のない男性は恋愛に向かない」(20代女性)との意見通り、恋愛を持続させる上で男性の包容力は重要。興味のないイベントでも、1時間程度の我慢ができないようでは、付き合った後もあなたが一方的に合わせることになりそうです。

  • 【7】食事やデートの希望を聞いたとき、すぐ「君に合わせるよ」と言わないかどうか

    一見優しさのようですが「意見がないのは関心がない証拠!」(20代女性)との指摘もありました。ただし、男性が気を使っている場合もあります。「今日は私が合わせるよ」と返して、彼から「じゃあ○○にしよう」と、すぐ意見が出るなら問題ないでしょう。

  • 【8】メールなどの返信が的確で早いかどうか

    「連絡がマメでも、的外れの返信をする人は信用できない」(20代女性)というように、返信はスピードと内容の両方が大切です。とにかく返しておけばいいと考えている男性は、あなたとの会話を重視していない可能性も。付き合った途端に連絡が滞りそうです。

  • 【9】デートの待ち合わせに、事前連絡なく遅刻したりしないかどうか

    「私を軽く見てると思うから」(20代女性)との意見の通り、本当に大切に思う相手は、連絡なく待たせたりしないはずです。何にせよ、人間関係の基本マナーを守れない相手と、長く平和に付き合っていくことは難しいでしょう。

女性は情熱的にアプローチされると弱いものですが、その場限りの情熱では意味がありません。好きになった後に手の平を返されるのは辛いもの。信頼に足る男性かどうか、事前にチェックしておきましょう。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock