「私と結婚したかったら、もう少ししっかりして!」と、彼氏の自覚を促すダメ出し9パターン


結婚を真剣に考えるなら、彼氏の「将来性」が気になってしまうのは当然でしょう。「このままでは厳しいかも…」と感じたら、見切りをつける前に上手にはっぱをかけて、彼氏を奮起させたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『私と結婚したかったら、もう少ししっかりして!』と、彼氏の自覚を促すダメ出し9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「そんな無駄遣いしてる場合じゃないよね?」と、細かな出費に口を出す

    「お金のムダ遣いを止めないと別れると思わせたい」(20代女性)など、遠回しに金銭感覚を非難して彼氏に危機感を持たせるパターンです。「お金を貯めておかないと不安でしょ」と、ふたりの将来を見据えた言い方をすれば、彼氏のやる気を引き出せるでしょう。

  • 【2】「友達の彼氏は公務員だからいいなー」と、安定した立場の他人を羨む

    「暗に『私に苦労させるなよ』と伝えてるつもり」(20代女性)など、彼氏に「経済的な安定」を意識させるには、身近な他人の例を引き合いに出すのもひとつの手段です。早めに専業主婦願望を口にしておけば、彼氏が真剣に仕事と向き合うきっかけになるかもしれません。

  • 【3】「親から『彼で大丈夫なの?』って心配されてるの」と、第三者の言葉を借りる

    「彼氏に親の反対意見を聞かせたら、めっちゃ焦ってた」(10代女性)など、外野からのプレッシャーを示し、彼氏に揺さぶりをかける方法です。「うちの親を納得させてやって!」と、闘志が湧くような言葉で背中を押しましょう。

  • 【4】「この会社なら、年収上がるよ」と、さりげなく転職を勧める

    「『今のままじゃ、将来やっていけない』と現実を直視してもらいます」(20代女性)など、『もっと稼いでよ』と言う代わりに転職情報を与えるパターンです。突拍子もない提案で反発されないように、彼氏が興味を持つような仕事を探しましょう。

  • 【5】「もう少し私を安心させてほしいな」と、謙虚な姿勢で不安を伝える

    「下手に出れば『こいつを守るために頑張りたい』と思ってくれそう」(10代女性)というように、低姿勢で訴えれば彼氏に使命感を抱かせやすくなりそうです。「私もあなたを支えられるようにがんばる」と健気な姿勢を見せて彼氏をその気にさせましょう。

  • 【6】「あと1年以内に資格を取ってね」など、現状を変えるための期限を区切る

    「夢を追ってばかりの彼氏に、『見捨てられる』ことを想像させる」(20代女性)など、「待っていられる時間」を知らせることで彼氏の尻を叩くパターンです。言い逃れができないように、本人の口から「目標」を宣言させましょう。

  • 【7】「尊敬してた上司に告白されちゃった」と、作り話で嫉妬心をあおる

    「『負けたくない!』と思ってもらうための苦肉の策」(20代女性)など、社会的に格上の男性をライバルとして登場させれば、彼氏の向上心を刺激できることもあるようです。「もちろん断るよ」とフォローを入れるなど、ケンカに発展しないような配慮をしたいところです。

  • 【8】「あなたは本当は天才なのよ」と、褒めながら現状を否定する

    「男性はけなすよりも、おだてたほうが動かしやすい」(20代女性)など、彼氏の才能を絶賛することで積極的な行動をうながす作戦です。「もっと強気になったら仕事もうまくいくよ」と上手に鼓舞して、彼氏のガッツを引き出しましょう。

  • 【9】ビリビリにやぶいた結婚情報誌をゴミ箱に入れておく

    「ミステリアスな行動で動揺を誘います」(20代女性)など、結婚を諦めたような演出をすることで彼氏にショックを与えるパターンです。真意を問われたら、「今のままじゃ結婚はムリだから」と希望を残した発言で彼氏に「変わるきっかけ」を与えましょう。

たとえ今の彼氏に将来性を感じなくても、伝えかた次第で劇的に成長するかもしれません。愛のあるダメ出しで幸せな未来を手に入れたいところです。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock