何度もしつこく誘ってくる男性を撃退するセリフ9パターン


何度断っても迫ってくる男性に困ったとき、ハッキリ「あなたに好意をもてない」と言えればいいのですが、それができない関係の場合も…。そこで今回は20代、30代の女性読者へのアンケート結果をもとに「何度もしつこく誘ってくる男性を撃退するセリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ずっと片思いしていた人と付き合うことになったんだ」と、新恋人とラブラブ状態のフリをする

    「彼氏ができたと言えば、他を探そうと思ってくれます」(20代女性)と、男性に「自分が恋人になれる望みはない」と思わせることができる言い方です。「すごく幸せ」などと言って、「一分の隙もない」雰囲気を醸し出せばより効果が高まるかもしれません。

  • 【2】「体調がいい日が一日もないんだ」と、ひたすら体調不良をアピールする

    「『いつ誘われても無理』ということを言い続ければ、次第に分かってくれる」(30代女性)と、「またの機会に…」などと一切言わなければ、男性も余計な期待をせずに諦めてくれるかも。社交辞令は言わないで、一貫して体調不良で通しましょう。

  • 【3】「しつこすぎて怖い。そんな人とは会えない」と、被害者面をしてみる

    「『そんなに追い込んでしまってごめんね』と逆に謝られたりする」(20代女性)と、男性に「自分の言動が女性に負担をかけていた」と気づかせる方法です。男性に被害者意識の強い女性だと思わせることもでき、恋愛感情が自然と冷める効果もありそうです。

  • 【4】「他にも男子がいるなら行こうかな」と、相手を萎えさせるようなことを言う

    「清楚な女性が好みっぽい男性に言うと二度と誘われなくなる」(30代女性)と、遊び人風な発言は男性から引かれることが多いようです。同時に「恋愛対象として見ていない」というアピールにもなるので、鈍感な男性にも効く言葉ではないでしょうか。

  • 【5】「お父さんを連れて行ってもいい?」と、強烈なファザコンを装う

    「異常なファザコンだと分かると、みんな去っていきます」(20代女性)と、付き合ってもいない女性からいきなり父親のことを言われたら、大抵の男性は撤退したくなります。このように相手に「面倒くさそうな女性だな」と思わせるのもひとつの手です。

  • 【6】「私と一緒にいるとみんな不幸になるんだよね…」と、「不幸を呼ぶ」体質だと匂わせる

    「暗い顔つきで『薄幸オーラ』を最大限出すように言う」(30代女性)と、不吉な雰囲気の漂う女性には近づきたくないという男性の心理をついた作戦です。嘘だと疑われたときのため、歴代の彼氏を転落させたエピソードをいくつか用意しておけば完璧です。

  • 【7】「お金が全くないからデートしても一切払えないよ」と、金銭的負担を男性に求める

    「余程のお金持ち以外は、みんな逃げていく」(20代女性)と、元々女性に費用を払わせるつもりのない男性でも、デート前にお金のことを言ってくる女性には警戒心を抱きがち。「近づくと絞り取られるかも」という気持ちになってくれるかもしれません。

  • 【8】「彼氏が3人いるんだけど、4人目になる?」と、「男性にだらしない女」を演じる

    「私の事を『清純派』と思っている男性に言ったらドン引きしてた」(20代女性)と、ピュアな女性だと勝手に想像して好意を持っていた男性なら、一発で冷めてくれるでしょう。遊び目的で誘っている男性だと快諾する可能性大なので、タイプを見極めてから使ってください。

  • 【9】「その日は家でテレビを見るので」と、テレビ以下の存在であることを告げる

    「真顔で言ったら、苦笑いをして去って行った」(30代女性)と、男性が「がんばっても自分に興味を持つことは絶対にないのだろう」と察することができるフレーズのようです。笑顔を見せると冗談だと思われるので、あくまでも無表情で淡々と。

男性に「粘っても自分にはチャンスが巡ってこない」と分からせるか、恋愛感情を冷めさせるか、どちらかが有効な手段と言えそうです。どちらにしろ勇気がいることですが、スッキリ諦めてもらうには必要なことではないでしょうか。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock