A型女子が陥りがちな恋愛での失敗9パターン


「几帳面」「慎重」「まじめ」などに代表され、「しっかり者」の印象を持たれることが多いA型。しかし、こと恋愛では、この性格が裏目に出ることも。20代、30代のA型女子の体験から学びたい、「A型女子が陥りがちな恋愛での失敗9パターン」をご紹介します。

  • 【1】なかなか不満が言えずに、たまりにたまって爆発してしまう

    「普段ガマンしている分、たまのケンカでは、昔のことまで蒸し返す」(20代女性)と、A型女子は不満をため込む傾向があるようです。ひどいケンカをしないためにも、彼氏の言動が気になるならその場で伝えましょう。冗談っぽい口調なら相手をムッとさせずにすみそうです。

  • 【2】相手に直してほしいことを遠回しに言い過ぎて伝わらない

    「嫌われたくないので、言葉を選び過ぎる」(20代女性)というように、遠慮しがちなA型女子は、気持ちをハッキリ言えずモヤモヤするようです。しかし、ダメ出しされる側は遠回しのほうがイライラするもの。ストレートな表現でも笑顔でサラッとお願いすれば、彼氏も素直に聞けそうです。

  • 【3】素直に「好き」と言えずに、愛情が薄いと勘違いされてしまう

    「甘え下手で、あまのじゃく」(20代女性)と、A型女子は気持ちを素直に表現するのが苦手なようです。だからこそ、ここ一番の態度が大事。誕生日や記念日では「いつも一緒にいてくれてありがとう」など、彼への想いをしっかり伝えて安心させてあげましょう。

  • 【4】独占欲が強くて小さなコトに嫉妬してしまう

    「彼氏のスマホに着信があるたび、女の子から?と疑う」(30代女性)と、A型女子には焼きもちな性格もあるようです。しかし、軽くスネるなど可愛げがある嫉妬姿で「好き」をアピールすれば、彼氏は内心「愛されてる」と嬉しいかもしれません。

  • 【5】合コンでは無口だが、後日長文メールを打ち、キャラの違いにひかれる

    「直接話すより、メールで気持ちを伝える方が得意」(20代女性)と、口下手だから文章を書くほうが好きというA型女子は多いようです。とはいえ、最初から長文だと男子も返信に困るかも。まずは、LINEで気持ちが伝わるスタンプを活用しながら、短いメッセージのやりとりから始めてみましょう。

  • 【6】心配性で、ちょっと連絡が取れないだけでネガティブモードに

    「電話の折り返しや返信がないと、浮気を疑ってしまう」(30代女性)というように、A型女子は些細なことで不安になるようです。最初から心配性だと伝えて、「返信できなかったときは、後で必ず理由を説明する」などのルールを決めておくと、悶々と返信を待たなくてもいいかもしれません。

  • 【7】自分と対照的なおおらかな男子に惹かれるが、結局大雑把さに耐えきれない

    「次第に細かな部分が気になり、嫌いになる」(20代女性)と、几帳面なA型女子は、自らのこだわりをなかなか譲れないようです。しかし、嫌いになる前に、一言お願いしてみてはどうでしょう。あなたを愛していれば雑な部分を変える努力をしてくれるかもしれません。

  • 【8】八方美人なのでいらぬ誤解を生んで彼氏を嫉妬させてしまう

    「人に嫌われるのがイヤで、みんなにいい顔をしてしまう」(30代女性)と、愛想のよさから彼氏に誤解されることも。人に嫌われないための行動で、彼氏に嫌われては元も子もないもの。いい顔の自分をみせるのは、彼氏の前だけで十分かもしれません。

  • 【9】興味のない話は聞き流してしまい、彼氏を怒らせてしまう

    「一生懸命なのは興味あるものだけ」(30代女性)と、A型女子は、自分の関心事以外にはあまり執着がないようです。たとえ興味がない話でも熱心に耳を傾ければ、彼の人間性が見えてきて、愛情が深まるかもしれません。

恋愛に対してマジメな人が多いA型女子。そのマジメが裏目に出たのが、今回の失敗談。でも、この失敗談を反面教師にすれば、彼氏を一途に愛するステキな女性になれそうです。(コージー林田)
Photo:All images by iStock