海外旅行中、彼氏との喧嘩を招いてしまったNG行動9パターン


彼氏との海外旅行はとても楽しいものですが、異国の地で長時間一緒に過ごすうちに、普段とは違う喧嘩の種が生まれる場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性344名に聞いたアンケートを参考に「海外旅行中、彼氏との喧嘩を招いてしまったNG行動」をご紹介します。

  • 【1】長すぎる買い物で彼氏を疲れさせる

    「海外だと離れるのは心配だし、待つのも辛いし…」(20代男性)というように、女性の長い買い物時間は彼氏を悩ませるようです。どうしても時間がかかりそうな場合だけは、「30分後にこのカフェに集合」などと別行動を提案してもいいでしょう。

  • 【2】旅先の気候や食べ物に一切馴染もうとしない

    「怖いとか汚いとか言われると、こっちも萎えちゃう」(20代男性)というように、異国の文化に拒否反応を示していると、彼氏のテンションまで下げかねません。食事や宿への不安は旅先を決定するまでに解決し、現地では「郷に入っては郷に従え」の精神で何にでもトライしてはいかがでしょうか。

  • 【3】毎朝の身支度に時間がかかりすぎる

    「女の化粧がこんなに長いなんて!」(20代男性)というように、メイクやヘアにかかる時間は、男性にとって想定外であるようです。きちんと準備したい場合は彼氏より早起きをする、ゆっくりしたいなら旅行中はメイクを簡略化するなど、多少は妥協が必要かもしれません。

  • 【4】カタコトの英語ですら恥ずかしがり、何でも彼氏に頼り切る

    「いちいち『お願い』って言われると面倒」(10代男性)というように、言葉の面で彼氏に頼りすぎると、うんざりされてしまうかもしれません。留学経験があるなど、彼氏のほうが極端に語学力が高い場合以外、基本的には自分で対処するつもりでいたほうが賢明でしょう。

  • 【5】旅行会社の小さな不備をネチネチと怒り続ける

    「オレに言われても困るんですけど…」(20代男性)というように、彼氏のミスではない部分で不機嫌になると、楽しい旅行気分が台無しになってしまうようです。プラスの感情もマイナスの感情も、一緒にいる人に伝染するものなので、できるだけ気持ちを明るく保つ努力をしましょう。

  • 【6】酔いつぶれるほど飲んで寝てしまう

    「もっと話したりしたかったのにな」(20代男性)というように、二人の時間を大切に考える男性にとって、旅先で泥酔する彼女は「ありえない」ようです。旅の疲れでいつもより早く酔いが回ることもあるので「お酒は控えめに」と肝に銘じておきましょう。

  • 【7】旅先でも仕事をする

    「せっかくの旅行なのにもったいない!!」(20代男性)というように、旅行中に仕事をすると、バカンス気分の彼氏の気持ちを盛り下げてしまうかもしれません。メールのやり取り程度でも、「夕食前に30分だけ仕事するね」と断ったほうがよさそうです。

  • 【8】ホテルの部屋を平気で散らかす

    「一緒に暮らしたら…とか想像してげんなり」(20代男性)というように、洗面所やお風呂場を散らかしたままにしておくと、綺麗好きの彼氏を怒らせてしまいそうです。一部屋を二人で使う以上「親しき中にも礼儀あり」と心得て、できるだけ整理整頓を心がけましょう。

  • 【9】うっかり元カレとの思い出を匂わせる

    「『前は…』とか聞きたくなかったなぁ(苦笑)」(20代男性)というように、女性同士では行きそうにない海辺のリゾート地などでの思い出話は、自然と過去の男性関係を想像させるようです。「女友達と4人で来たんだけどね」と前置きすれば、誤解される心配もなさそうです。

彼氏を長時間待たせたり、テンションを下げるような行動をしたりすることが、海外旅行での主な喧嘩の原因になりそうです。これを参考に、お互いに気分よく旅行を終えられるよう努力してはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計344名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock