男子をドキッとさせるビーチでの着こなし9パターン


海でデートするときは、いつもより開放的なファッションを楽しみたいもの。では、男子をドキドキさせるのは、一体どんな着こなしなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性147名に聞いたアンケートを参考に「男子をドキッとさせるビーチでの着こなし」をご紹介します。

  • 【1】胸元を強調した「ホルターネックのビキニ」

    「とにかく谷間がスゴくなる(笑)」(20代男性)というように、「寄せて上げる」ホルターネックのフォルム上、ボリュームアップした胸元に注目してしまう男性は少なくないようです。普段コンサバなファッションをしている人ほど、良い意味でのギャップを演出できるのではないでしょうか。

  • 【2】体のラインがよくわかる「スポーツ水着」

    「そういう目で見るものじゃないのはわかってるけど…」(20代男性)というように、機能性を重視したスポーツタイプの水着だからこそ、逆にセクシーに見えることがあるようです。清潔感があることは間違いないので、無難なセンで攻めたい男性とのデートにはピッタリでしょう。

  • 【3】見えないぶん逆にそそられる「パレオ」

    「チラリズムってやつかなぁ(苦笑)」(20代男性)というように、下半身を隠すパレオは「見えそうで見えない絶妙なライン」で男心をくすぐるようです。彼氏が心配性な場合は、大胆なビキニの上にパレオを巻いて、肌見せを抑えてもいいでしょう。

  • 【4】体への食い込みがセクシーな「細いストラップの水着」

    「プニッとした肉感を想像してドキドキする」(20代男性)というように、細いストラップが体を締め付ける様は、男性の妄想を掻き立てるようです。ただし、ぽっちゃりした体型の女性が着ると、さらにボリュームアップして見えてしまうデメリットがあるので、試着してから決めたほうがいいかもしれません。

  • 【5】フリルが可愛らしい「ワンピース水着」

    「『女の子』って感じ。抱きしめたくなる」(10代男性)というように、フリルやリボンのついたワンピースタイプの水着は、女子度を底上げする効果があるようです。ただし、暗黙の年齢制限があるアイテムでもあるため、本当に若いか童顔な女性がチョイスしたほうが無難でしょう。

  • 【6】ウエストのくびれが目立つ「露出度高めのビキニ」

    「細いなーってマジマジ見ちゃった」(20代男性)というように、スリムな女性を好む男性には、細い腰回りや薄い体を見せつけるデザインが喜ばれるかもしれません。華奢な体型の女性が着れば、いやらしい印象にはならないので、安心してトライしましょう。

  • 【7】お風呂あがりのようにも見える「バスタオル姿」

    「ビーチでタオル羽織ってる女の子ってかわいいと思う」(20代男性)というように、濡れた体をタオルで覆う無防備な女子の姿にキュンとする人もいます。バスタオルもファッションのうちだと考えて、水着とコーディネートしてはいかがでしょうか。

  • 【8】水に濡れて透け感の出た「Tシャツ」

    「うっすら肌が透けて見えるのがエロい(笑)」(20代男性)というように、Tシャツの下にあるものに思いを馳せて、ワクワクする男子もいるようです。体型に自信のない女子は、水着の上にTシャツを着たまま海に入ってもいいかもしれません。

  • 【9】スクール水着を彷彿とさせる「ネイビーの水着」

    「別にフェチじゃないけど、ドキッとする」(20代男性)というように、紺色の水着にはある種のマニアックな魅力があるようです。とはいえ、本当にスクール水着が許されるのは学生だけなので、大人はネイビーのワンピースかスポーツタイプをチョイスしましょう。

ビーチでのどんな着こなしが刺さるかは、相手の男性の好みに左右されるようです。普段のファッションで「かわいい」「いいね」と言われたもののテイストを参考に、水着選びをしてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計147名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock