「夏のチラリズム」に男性がドキッとする瞬間9パターン


肌の露出が増える夏は、視覚的に「オンナ」をアピールしやすい季節です。シャイな日本男性には、大胆に迫るよりも「見えそうで見えないチラリズム効果」でドキッとさせるくらいがちょうどいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「『夏のチラリズム』に男性がドキッとする瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】前かがみになって、Vネックの胸元が広がったとき

    「女性の胸は神聖なモノ。一瞬でも拝んだら3日は余韻に浸れる」(20代男性)など、男性の脳裏に焼き付いて離れないほど刺激が強いのが胸チラです。いつも見えるとありがたみが薄れるので、ここぞという勝負の日以外は胸元をカバーする服を選びましょう。

  • 【2】階段を上るリズムに合わせて、ミニスカートの裾が踊っているとき

    「揺れるスカートを意識せずにいられるわけがない」(10代男性)というように、ミニスカ女子がそばにいるだけで、気もそぞろになってしまう男性は多いようです。フリルのスカートなど、ナチュラルな縦揺れを生むアイテムを選べば期待感をあおることができるでしょう。

  • 【3】「暑い」と髪を後ろにまとめて、うなじがガバッと解放されたとき

    「和服の美女を連想させる色気がある」(20代男性)というように、普段は髪で覆い隠された「白いうなじ」に興奮する男子もいるようです。耳元からキラリと輝くピアスを覗かせるなど、アクセサリーとの合わせ技で艶っぽさを強調したいところです。

  • 【4】汗ばんだことで、シャツに下着の色がうっすら浮かび上がったとき

    「まるで妄想が実写化されたような光景。夏に感謝!」(10代男性)など、下着のシースルー現象も夏の風物詩として認識されているようです。透けて見えたときの「セクシーさ」と「だらしなさ」は紙一重なので、シャツと下着の色合わせには気を付けましょう。

  • 【5】スカートでイスに座りながら、生脚を組み替えたとき

    「夏の日差しを反射する女性の生脚は、世界一まぶしい」(20代男性)というように、ただ脚を組み替えるだけでも、灼熱の太陽の下では神秘的に見える場合があるようです。脚がムチムチでも、変に隠さず堂々とさらけ出してしまったほうが、生々しいエロスを強調できそうです。

  • 【6】タイトなTシャツを着て、胸を揺らしながら小走りしているとき

    「胸がバウンドしていると、『すげえ』と見とれてしまう」(10代男性)というように、揺れる胸元があらわになるのも、薄着の季節ならではのこと。ボリュームに自信のない人は、バッグのストラップをナナメ掛けして「仕切り」を作り、谷間の位置を明らかにしましょう。

  • 【7】ノースリーブを着て、堂々と電車のつり革につかまっているとき

    「ワキがあらわになってドキッとする」(20代男性)など、腋チラに心拍数が上がってしまう男性は多いようです。メンテナンス状況によってはガッカリされることもあるので、準備が整わないときは袖がタイトなシャツを着ていきましょう。

  • 【8】あらゆるモノをはみ出しながら、ホットパンツ姿で歩いているとき

    「腰から下着が覗いたり、裾からお尻がはみ出していたり、もうエロすぎるぜ!」(20代男性)というように、布面積の狭いホットパンツに動揺を隠せない人もいます。清潔感だけは損なわないよう、購入前に必ず試着して、「はみ出し具合」のバランスを確認しましょう。

  • 【9】「あーん、また蚊に刺された!」と、太ももを掻きむしっているとき

    「赤くなった皮膚を気にする表情がたまらない」(20代男性)というように、痒さのあまり、あらぬ場所の素肌をいじってしまう女子の姿にSっ気を刺激される男子もいるようです。とはいえ、もともとのキャラ次第では「ガキっぽい動作」に映ってしまうので、注意が必要でしょう。

夏は大胆になりやすい季節です。好きな人の前ではチラっと色気を見せれば恋の可能性が広がるのではないでしょうか。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock