AB型の女性がついやってしまう恋愛での破滅行動9パターン


ミステリアスな雰囲気が魅力的と言われているAB型女子ですが、一方でそんなAB型ならではの態度や行動が恋愛では裏目に出てしまうこともあるようです。今回は20代、30代のAB型女子に聞いた「AB型の女性がついやってしまう恋愛での破滅行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】行きたい場所や食べたいものがコロコロ変わるので、恋人を振り回してしまう。

    「パスタがいいねって話してたのに、急に寿司が食べたくなったりします」(20代女性)と、AB型女子のマイペースさは彼氏をゲンナリさせるようです。気分屋なところがある女性は、デートの前に食事場所をあらかじめ予約しておくのもいいかもしれません。

  • 【2】1人の時間もほしいので、相手にべったりされるとケンカになってしまう。

    「考えごとをする時は大抵1人です」(20代女性)というように、自分の世界を持つAB型女子は、ずっと誰かといるとストレスが溜まるようです。自分がどんな気分の時に1人になりたいのか、しっかり伝えると彼氏の理解も得られるでしょう。

  • 【3】恋人のプライベートが気になるのに聞き出せないので、ドライな印象を持たれてしまう。

    「彼が昨晩何を食べたかまで知りたいくらい」(30代女性)と、気になる相手のことはとことん知りたくなるAB型女子。会うたび聞くのが嫌なら「週末に平日の出来事を報告しあう」など決まりごとを作ってみるのはどうでしょうか。

  • 【4】待ち合わせ時間より早く着きすぎて、相手に気を使わせてしまう。

    「デートも仕事と同じように手帳で管理します」(30代女性)と、時間やルールに律儀なAB型女子は、恋人との約束も堅苦しくなってしまうようです。時には少しだけ遅刻して気の抜けた様子を見せると、相手が人間味を感じてくれるかもしれません。

  • 【5】ついつい世話を焼きすぎて、「都合の良い女」になってしまう。

    「気がつけば彼の言いなりになっています」(20代女性)と、好きな相手に尽くしてしまいがちなAB型女子は、ともすれば男性に利用されてしまうようです。時には、彼よりも友達との約束を優先させるなどして、嫉妬心に火をつけてみてはどうでしょうか。

  • 【6】男性へのこだわりが強く、自分の理想を相手に押し付けてしまう。

    「恋人は髪が短くないと嫌。毎月床屋に行かせます」(20代女性)と、付き合う人への要求が細かいAB型女子は、相手を萎縮させてしまうようです。理想を押し付けるよりもまず、彼の長所を見つけて伸ばすように心がけてみてはどうでしょうか。

  • 【7】あまのじゃくなので、恋人を大切に思っていても伝わりにくい。

    「彼が大好きだけどベタベタするのは苦手」(30代女性)と、ツンデレ気味なAB型女子はそっけない態度に出てしまいがちのようです。たまには勇気を出して好きだと伝えると、その恥ずかしそうな様子に彼氏がキュンとするかもしれません。

  • 【8】すぐには本心をさらけ出せないので、打ち解けるのに時間がかかってしまう。

    「よく『なにを考えているか分からない』と言われてしまいます」(20代女性)と、感情表現が苦手なAB型女子は、壁を壊すのに時間がかかるようです。2人きりのときに「じつは…」と本音を話してみると、彼も「自分に気を許しているんだ」と嬉しくなるかもしれません。

  • 【9】プライドが高いので、相手が上から目線だとスッと冷めてしまう。

    「『だから言ったでしょ』と説明口調で言われるのは大嫌い」(20代女性)と、相手よりも下の立場に甘んじるのを良しとしないAB型女子は、自信家の男性とは長続きしないようです。時には男性を立ててあげるのも思いやりだと心得ましょう。

「何を考えているのか分からず疲れる」とも思われがちなAB型女子。多くの男性が彼女に求めるのは居心地のよさなので、時には素直な気持ちをぶつけると、普段のクールな印象とのギャップで好感度もより増すのではないでしょうか。(松原麻依/清談社)
Photo:All images by iStock