気付かないうちに自分で恋愛運をダウンさせている女性の行動9パターン


「オシャレもしてるし、顔だってそこそこなのに…なぜか男性にアプローチされない」という方もいるでしょう。自覚がないだけで他人に言わせたら「それじゃモテない」というポイントがあるようです。そこで今回は恋愛経験豊富な20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「気付かないうちに自分で恋愛運をダウンさせている女性の行動」をご紹介します。

  • 【1】全身ブランドもので固めている

    「男性に金のかかる女だと思われます」(20代女性)など、高い服ばかり身につけていると、金遣いが荒い女性だと敬遠されるようです。コーディネートの中にファストファッションの服を加えると、男性から経済観念がしっかりしていると思ってもらえるかもしれません。

  • 【2】女友達も呼べないほど部屋が散らかっている

    「男性を家に招く機会がめぐってきても、チャンスを活かせない」(30代女性)と、恋が発展するタイミングを逸してしまうようです。突然の訪問時でもすぐ散らかったものを突っ込めるように、押し入れの中は常にスペースを確保しておくといいかもしれません。

  • 【3】頻繁に習い事に通って自分磨きをしている

    「男性が付け入る隙がなくなる」(30代女性)など、向上心が高すぎると「僕じゃ釣り合わないかも」と男性に思わせてしまうことも。弱腰な男性には、昼食時に「私、料理教室通ってるから味見してみて!」とお弁当を食べてもらうなど、積極的にアプローチしてもいいかもしれません。

  • 【4】血液型占いなどをやたらと信じている

    「気になる男がいても『相性が悪いから』って理由であきらめる」(20代女性)と、占いに頼りすぎて、自身でターゲットを狭めているなんてことも。ただ、「お互いの相性は抜群」という結果が出たときは、意中の彼に教えるとドキッとさせられるかもしれません。

  • 【5】好きな男性のタイプをアニメのキャラで例える

    「アニメのキャラは実在しません!」(20代女性)と、すべてが完璧な空想の人物を理想にしてしまうと、周りにいる男子では満足できなくなることも。男性からも「現実を見てない痛い子」認定される可能性もあるので、公言しない方が賢明かもしれません。

  • 【6】お化粧に時間をかけないことがナチュラルメイクだと思っている

    「それはただの手抜き」(30代女性)と、あまりにも化粧っけがなさすぎて魅力を半減させているパターンです。男性の言う「ナチュラルメイクが好き」は「ケバくない」の意味。ナチュラルといっても丁寧なベースメイクが必須だと心得ましょう。

  • 【7】女友達よりも男友達のほうが多い

    「モテてると錯覚しがちだけど、本命に選ばれてないことに気づくべき」(30代女性)というように、男友達が多いのは実は異性から「女」として見られていないということも。しかし、男性から見て「接しやすい子」なのは事実でしょうから、意中の相手にはスキンシップをするなどして、彼をドキッとさせるといいかもしれません。

  • 【8】SNSに自撮り画像をよくアップする

    「自分大好きでわがまま女っぽいイメージ」(20代女性)というように、ナルシスト気質の女性は、恋愛対象外にされてしまうようです。家族やペットと一緒に自分も写れば自己中な印象も払拭できるかもしれません。

  • 【9】月に一回はパワースポットに足を運ぶ

    「神頼みしてるだけで自分で出会いを探す努力はしてない」(30代女性)と、具体的な恋活をせず、彼氏候補が現れるのを待つ受け身な姿勢も恋愛を遠ざけてしまうようです。休みの日をパワスポ巡りに使うより、街コンなど出会いがありそうな場所に足を運ぶほうがいいかもしれません。

自分では「恋愛運アップのため」と思ってとる行動が、逆効果なケースもあるようです。情熱的なアプローチをするよりも、普段の生活態度を改めることが恋愛運上昇に一役買うのかもしれません。(千葉雄樹/A4studio)
Photo:All images by iStock