初キス直後にカレをドキッとさせる「甘いささやき」9パターン


目をつぶった女性の唇を「迎えにいく側」の男性にとって、キスの感想はとにかく気になるもの。大好きなカレと初めて唇を重ねたら、なるべくすぐにキュートなセリフを漏らして「合格サイン」を送ってあげましょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「初キス直後にカレをドキッとさせる『甘いささやき』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「キスしちゃったね。恥ずかしい」と、照れる

    「自然なリアクションだとホッとします」(10代男性)というように、等身大の照れ笑いはストレートに心に響くようです。「なんだか恥ずかしいね」と2人で微笑み合ったら、次の会話が生まれるまで初キスの余韻を楽しみましょう。

  • 【2】「大好き!」と、愛情を言葉で伝える

    「『ほんとに好き…』とか言われたら、思い切り抱きしめたくなる」(10代男性)というように、こみ上げる愛情を素直に表現して、絆を深めるパターンです。彼氏が「俺も大好きだ!」と返してきたら、すかさず「私は大大大好き!」と応じて、どこまでも愛を膨らませましょう。

  • 【3】「唇があったかいね」と、感触を述べる

    「唇そのものを話題にされると、なんだかセクシーな気分になる」(20代男性)というように、行為について官能的な描写をすれば、大人の余裕をアピールできそうです。「溶けちゃうかと思った」などと目を潤ませて、悶絶させてしまいましょう。

  • 【4】「もう1回して」と、おかわりを求める

    「彼女のほうから『次』をせがんできたら、夢中にさせることができた証拠だと思う」(20代男性)というように、積極的なアプローチで彼氏のテンションを上げるパターンです。ずっと付き合っていく覚悟がある場合は、「もう帰りたくない」などと決定打を放ってしまってもいいでしょう。

  • 【5】「キスってミント味なんだね」と、フレーバーの描写をする

    「『甘酸っぱい』とか『爽やか』みたいな少女っぽい反応をされたら、思わず笑っちゃいそう」(10代男性)というように、キスの味を気にするオトメゴコロを見せつけて、胸キュンさせる方法です。ムードを壊さないためには、たとえカレーやラーメンの味がしても、柑橘系のフルーツやハーブだと思い込みたいところです。

  • 【6】「ズルいよ。不意打ちなんて」と、ふてくされた演技をする

    「いじらしい姿に萌え!」(20代男性)というように、キスのあとにわざと相手を悪者扱いして、上手に翻弄する作戦です。彼氏が「ごめん」と言ってきたら、「ずっと好きでいてね」などと、ここぞとばかりに愛を誓わせましょう。

  • 【7】「初めてなんだからね」と、希少価値を強調する

    「初めての相手に選んでくれたんだと思うと感動する」(10代男性)というように、男性にとって女性のファーストキスをゲットすることほど名誉なものはありません。経験豊富な人でも、初々しい反応に徹するのが無難でしょう。

  • 【8】「やだー顔が熱い!もう、やばい!」と、興奮する

    「ジタバタされたら、こっちからリードしてあげたくなる」(10代男性)というように、大慌てな素振りで相手を慌てさせて、上手なフォローを引き出すパターンです。「心臓がバクバクするー」などと落ち着きのないセリフを連発して、「大丈夫だよ」と言ってもらいましょう。

  • 【9】「調子に乗るなよー」と、ちょっと突き放す

    「『バカ!』なんて軽くコツンとされたら、下心を見透かされたみたいでドキッとする」(20代男性)というように、あえて牽制してみせることで、小悪魔的に翻弄するのもアリでしょう。「好きだよ」と言ったあと、「でも、今はキスまでね」と釘を刺すなど、やや上から目線のセリフで彼氏のハートに火をつけたいところです。

キスのあとのささやき次第で、男性の態度は変わるもの。「その日」がいつ来てもいいように早めにシミュレーションしておきましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock