いっそ別れて解放されたい…彼氏に不評なLINEの使い方9パターン


LINEは恋人同士のコミュニケーションに便利なツール。しかし、使い方によっては彼氏を疲れさせてしまい、その結果、恋を終わらせる引き金になるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性344名に聞いたアンケートを参考に「『この状態が続くなら、いっそ彼女と別れたい』と思われてしまうLINEの使い方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】朝から夜まで数分おきに「現状報告」を求める

    「監視されているようで嫌だった」(10代男性)というように、他愛のないことでも逐一報告を要求し、ウンザリされるパターンです。しばらく時間が空いたからといって、根掘り葉掘り様子を聞くのも嫌がられるでしょう。

  • 【2】最低でも朝晩2回以上の通話をねだる

    「ずっと繋がってるとだんだん話すネタもなくなってくる」(10代男性)というように、無料だからと長電話をせがみ、困らせてしまうパターンです。ノルマと感じると途端にやる気をなくす人は多いので、どうしても声を聞きたいときだけ自分から電話するようにしましょう。

  • 【3】既読スルーにいちいち怒る

    「タイミングによって返せないのはしょうがない」(20代男性)というように、既読スルーにキレて、呆れられてしまうパターンです。あまり過敏に反応すると、ウザいのを通り越して「病んでる」と思われかねないので、いったんLINEと距離を置くようにしたほうが良いかもしれません。

  • 【4】授業中、仕事中なのをわかっているのに、返信を要求する

    「自分の都合しか考えていないことがわかると萎える」(20代男性)というように、身勝手に返信を求めて評価を下げるパターンです。LINEの返信の早さ=愛情の深さだと決めつけないほうがいいでしょう。

  • 【5】少しでも連絡が途絶えると心配メッセージを連投する

    「未読30件とかあるとビビる」(10代男性)というように、次々にメッセージを送りつけて彼氏に警戒されるパターンです。空気を読まずに送るだけでは相手の気持ちは引いていくので、ぐっと我慢する努力も必要でしょう。

  • 【6】リアクションに困る「日常レポート」を送り続ける

    「返事を考えるのに疲れて、だんだん心も離れました」(20代男性)というように、聞かれてもいない「日報」を連投して当惑されるパターンです。せめて「好きでやってるだけだから、返事はいらないよ!」とフォローを入れたほうがいいでしょう。

  • 【7】スタンプを使わないと「ケチ」と責める

    「『私はいつもかわいいスタンプを送っているのに』とか言われても…」(10代男性)というように、有料スタンプを使わないことにイヤミを言い、煙たがられてしまうパターンです。スタンプを使ったら使ったで「スタンプばかりで手抜き!」などと難癖をつけないようにしましょう。

  • 【8】「ほかの人とLINEしてないでしょうね?」としつこく疑う

    「デート中にLINE着信があると、すごく疑われるのが嫌」(20代男性)というように、LINE浮気を詮索し、反感を買うパターンです。せめて「私と一緒にいるときはスマホばっかり見ないで」くらいの要望に留めておくのが無難でしょう。

  • 【9】毎日1回は「好きだよ」と書かせる

    「この手のタイプは律儀に送ってると、今度は『今日はなんか適当だね』とか言いだす」(20代男性)というように、LINEでの愛情表現を日課にし、彼氏に面倒がられるパターンです。付き合いはじめのテンションでルールを決める気持ちもわかりますが、相手を縛りすぎないよう注意しましょう。

友だち同士とのLINEでも「疲れる相手」認定されそうな項目が多数ありました。普段から「なぜかLINE友だちがちょこちょこ減る」という自覚のある人は、今一度自分の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から17日まで
対象:合計344名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock