「釣った魚にエサはやらない男」の見抜き方9パターン


付き合い始めた途端、女性に対して手のひらを返したように冷たくなる「釣った魚にエサはやらない男」。あとで悔しい思いをしないためにも、男性の本性を事前に見極めたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「『釣った魚にエサはやらない男』の見抜き方」をご紹介します。

  • 【1】すぐに「君に合わせるよ」と同調する

    「当時は、寛大な人!と感激したけど、内心『包容力のある俺、どう?』と思っていたに違いない」(20代女性)というように、女性思いの言動を取るのは、そういうことをする自分が好きだからかもしれません。無理めなリクエストをして、ボロを出さないか見てみましょう。

  • 【2】「たまたま見つけたから」と恩着せがましくプレゼントしたがる

    「出会った当初は花や指輪をくれたけど、いまは誕生日すら何もナシ!」(20代女性)というように、こまごまとした貢ぎ物で気を引くのは、手軽に女性の歓心を買おうとする男性の常套手段でしょう。的外れな贈り物で自己満足している場合は、物で釣ろうとしている可能性が大きそうです。

  • 【3】即レスしてくれるものの、メッセージの内容が薄い

    「冷静に読むとぜんぶ適当な文面。やっつけじゃん!」(10代女性)というように、一見好感が持てる対応をする男性は、単に「モテ技」を駆使しているだけだとも考えられます。やや深刻な相談を持ちかけて、親身になってもらえるか試してみるのも手です。

  • 【4】「かわいいね」「似合うよ」などの甘い言葉を躊躇なく口にする

    「歯の浮くようなセリフを照れずに言えるなんて、心がこもってない証拠」(20代女性)というように、女性を過剰に褒める人にも気をつけたほうがよさそうです。とはいえ、情熱的な男性の場合は本心かもしれないので、無下に疑うのは控えましょう。

  • 【5】レストランの店員に対して、横柄な態度を取る

    「私に優しいのも今だけかも…とピンと来た」(10代女性)というように、男性がほかの人達にどんな顔を見せるかを観察するのも、先を見据えるいい方法でしょう。公共の場で利己的なふるまいをするようなら、のちのち自己中心的な一面が出てくるかもしれません。

  • 【6】にこやかに話を聞いている割に、トンチンカンな受け答えをする

    「『どう思う?』と言ったら、『君に見惚れてて聞いてなかった』だって。ウソつけ!」(10代女性)というように、話すときとは裏腹に、聞く熱意が足りない男性は、相手に対する関心が薄いと見なしてよさそうです。他愛ないおしゃべりにも、判断のヒントは隠されているでしょう。

  • 【7】男友達のことを根掘り葉掘り尋ねて、敵意を見せる

    「ヤキモチも少しなら嬉しいけど、私そっちのけというか…」(10代女性)というように、嫉妬深いのは、愛情の表れというより、ほかの男性に対する競争心からかもしれません。モテる女性を独占することが交際の目的なのだとしたら、いずれ気持ちがすれ違うのは避けられないでしょう。

  • 【8】デート中に「ごめんね」と言いながらも電話やメールに応じる

    「私といるのに、女性からの電話に出るって! 案の定、浮気魔だという噂が…」(20代女性)というように、自分に集中してくれない相手には、不信感を抱いて当然でしょう。疑わしい会話が漏れ聞こえたら、男性に悪い評判がないか探ったほうがよさそうです。

  • 【9】隙あらば別の女性をチラ見する

    「席に戻ろうとしたら隣のテーブルの子とメアド交換してた。そのまま放って帰りました」(10代女性)というように、女性を自分のものにすること自体に喜びを感じるタイプは、誰か一人と交際に至ることで満足せず、さらに獲物を求め続けそうです。「私の思い違いだ」などと擁護せず、迷わずサヨナラしたほうが身の為でしょう。

上辺だけの優しさや、女好きの素顔が垣間見えたら、怪しいでしょう。1年後2年後も同じように愛情を注いでくれそうかどうかが、判断の分かれ目かもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock