「悲惨すぎ!」と同情してしまう女友達の恋の修羅場9パターン


幸せそうに見えるカップルも重大な問題を抱えていたりするもの。もしもあなたの友達が、彼氏から酷い仕打ちを受けていると知ったら、どんな言葉をかけてあげますか? そこで今回は、10代から20代の独身女性263名に聞いたアンケートを参考に「『悲惨すぎ!』と同情してしまう女友達の恋の修羅場」をご紹介します。

  • 【1】彼氏に殴られて負傷する

    「マスクの下に青あざが…。それでもカレをかばっていた」(20代女性)というように、友達が恋人から暴力を受け、それをひた隠しにしていたケースです。「ダメな自分に対する愛情表現の一つ」などと言い続けるなら、「そんなの愛じゃない」と目を覚まさせてあげましょう。

  • 【2】街でバッタリ会った女性に、自分を「ただの友達」と紹介する

    「それ絶対、付き合いを隠そうとしてるよ…」(20代女性)というように、彼氏とのデート中にまるで「彼女ではない」といわんばかりの扱いを受けた友達にも、思わず同情してしまいそうです。ひとまず「深い意味はないと思うよ」と励ましつつ、「でも彼はなんでそんなこと言ったんだろうね」と冷静に分析するように促してはいかがでしょうか。

  • 【3】彼氏の借金が発覚する

    「何でもリボ払いするクセがあったらしい。学生なのに借金100万円以上!」(10代女性)というように、恋人の借金問題に悩む女友達も放っておけないでしょう。取り返しのつかないことになる前に、「借金の肩代わりはやめたほうがいいよ」と強めに忠告したいところです。

  • 【4】彼氏の元カノを名乗る女性から逆恨みされる

    「ストーカー女がSNSで絡もうとしてきて大変らしい」(20代女性)というように、被害妄想の激しい元カノからの嫌がらせに苦しんでいる女友達も、助けてあげたくなりそうです。とはいえ、第三者が介入してもややこしくなるだけなので、「まともに相手しちゃダメだよ」と挑発に乗らないように勧めるのが無難でしょう。

  • 【5】ヒモ化した彼氏のために仕事のかけもちを余儀なくされる

    「転がり込んできた男のために夜も働いてるらしい」(20代女性)というように、無職の彼氏のせいで負担を強いられている女友達には、何か一言声を掛けたくなるもの。一人になるのがさみしくて、ダメ男でも離れられない様子なら、「もっといい人がいるよ」と別の出会いを探すお手伝いをしてあげたいところです。

  • 【6】彼氏が「自分の親友」にも手を出していたことが発覚する

    「浮気された子、ぐちゃぐちゃに泣いてた」(10代女性)というように、よりによって親友と二股をかけられる悲劇には、こちらも胸が痛んでしまいそうです。タイミングをみて「遊びにいこうか」と誘い出し、一瞬でも辛い記憶を忘れられる時間を作ってあげてはいかがでしょうか。

  • 【7】プライベート写真を無断でネットにアップされる

    「そんなの撮らせるほうも悪いんだけど…」(20代女性)というように、不本意な写真を公開された女友達にも、事情はともかく同情を禁じ得ないでしょう。SNSなどの場合、サイト管理者に事情を連絡すると対応してくれることもあるので、教えてあげるとよさそうです。

  • 【8】「お前だけを愛してる」とは口ばかりで、三股、四股かけられる

    「完治しない病気みたいなものでしょ」(20代女性)というように、一歩引いた視点に立てば、当事者以上に男性の不誠実さが見えるもの。「『男は浮気する生き物』なんて都合のいい嘘だから!」などと、言葉を尽くして説得しましょう。

  • 【9】独身だと聞いていた彼氏が既婚者だった

    「妻子持ちはヤバいでしょ」(20代女性)というように、所帯持ちの男性に遊ばれている女友達にも、釘を刺してあげたいところです。「先のない恋なんて悲しいよ?」など、それとなく別れを勧めてみてはいかがでしょうか。

修羅場真っ最中の女性は、冷静さを失っているもの。まずは最後まで話を聞き、その上で自分の考えを述べれば、耳を貸してくれるでしょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年12月3日(火)から10日(火)まで
対象:合計263名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock