「今、告白されても…間が悪すぎ!」と男性を困らせてしまうタイミング9パターン


勇気を出して好きな男性に告白するなら、少しでも好印象を残して色よい返事をもらいたいもの。そのためには、「避けたほうがいいタイミング」があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に、「『今、告白されても…間が悪すぎ!』と男性を困らせてしまうタイミング9パターン」をご紹介します。

  • 【1】重要な試験やイベントの直前など、目標に向けて集中しているとき

    「相手をどう思うか以前に余裕がない」(10代男性)というように、目前の重要な課題に集中している男性には、好意の有無とは関係なく恋のアプローチが届きにくい場合があるようです。頑張りを応援することで親近感を抱いてもらいながら、告白のチャンスを待つとよさそうです。

  • 【2】転勤や引っ越しを控えているなど、生活環境が変わりそうなとき

    「付き合っても即遠距離になるのは正直厳しい」(20代男性)というように、生活環境が変わる直前の男性は、今の環境での恋愛に興味を抱きにくいようです。どうせなら、引っ越し先に自分から会いに行って告白したほうが、本気度が伝わるかもしれません。

  • 【3】限界まで仕事に追われていて、プライベートの時間がとれないとき

    「余計なストレスを抱えるハメになりそう」(20代男性)というように、仕事に追われてピリピリしている男性は、恋愛を重荷に感じるおそれがあるようです。大きなプロジェクトが一段落したときなど、緊張が緩和するタイミングまで告白を待ったほうがいいでしょう。

  • 【4】彼女ができて間もないとき

    「本音では嬉しくても、すぐに乗り換えるわけにも行かない」(10代男性)というように、新しい恋が始まったばかりの男性に振り向いてもらうのは至難の業かもしれません。モテる男性を狙っているのなら、周囲の女性の動きを察知して、出遅れないようにしたいものです。

  • 【5】ほかの女性と別れたばかりのとき

    「そんな簡単に気持ちを切り替えられない」(20代男性)というように、付き合っていた女性と別れたばかりのタイミングも、新しい恋には向かないようです。傷心の男性を慰めながら、気持ちが上向くまでゆっくり距離を詰めていくとよさそうです。

  • 【6】職場の上司と部下など、恋愛関係になるとリスキーな関係にあるとき

    「周囲にバレたらマズいことになる」(20代男性)というように、そのとき置かれている立場のせいで、付き合いが難しいと判断されるケースです。異動願いを出すか、転職の覚悟を決めるなど、環境を変える必要があるかもしれません。

  • 【7】年度末や四半期末など、仕事が立て込む繁忙期のとき

    「『もうちょっとで落ち着くから待っててよ』と言いたいです」(20代男性)というように、時期的な問題で仕事に忙殺されている男性に、「今はちょっと…」と迷惑がられてしまうパターンです。忙しい時期は本人に聞けばわかるので、そのタイミングは外すようにしましょう。

  • 【8】ほかにも複数の女性からアピールされているとき

    「嬉しいけど、誰を選べばいいか悩む」(20代男性)というように、争奪戦状態になっているモテ期の男性は、すぐに答えを出してくれない可能性があります。競争率が高ければ、成功率が下がるのは当然のこと。ほかの誰よりも早く動いたほうが有利になるでしょう。

  • 【9】共通の友人同士で人間関係がもつれそうなとき

    「親友からその娘のことが好きだって相談されたばかり…」(10代男性)というように、共通の友人が多い間柄では、トラブルを恐れるあまり、男性が一歩踏み出せないことがあるようです。日頃から、本命の男性への好意を周囲にわかりやすくアピールしておくと、揉め事は防げるでしょう。

時間的なタイミングと、環境的なタイミング。どちらも恋愛の成否を左右する重要な要素です。出遅れたり、先走ったりしないように、ベストな一瞬を見極めたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock