水着デートを成功に導く「ダイエットの秘策」9パターン


水着デートに向けて「ダイエット待ったなし」の時期なのに、どうも覚悟が足りず漫然とお菓子を食べている…。こんな自分に活を入れるための効果的な方法はあるのでしょうか。そこで今回は10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「水着デートを成功に導く『ダイエットの秘策』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「これが終わったらケーキをおなか一杯食べるんだ…」と未来に希望を託す

    「食べたいものを書きだして食欲をごまかす(笑)」(10代女性)というように、水着デートが終わったら食欲を爆発させると心に決めて耐えるパターンです。リバウンドの心配もありますが、ダイエットが成功した暁には意外と食欲が湧かなかったりするかもしれません。

  • 【2】「今の自分を見ろ!」と裸で鏡の前に立って現実を直視する

    「風呂上がりの習慣にする」(20代女性)というように、客観的に現在の自分を見つめてダイエットの必要性を思い知るパターンです。自分の「不本意な全身ショット」をスマホの待ち受け画面に設定するのも、毎日目にするものだけに効果があるでしょう。

  • 【3】「チリも積もればデブになる」ともうひとくち食べたい気持ちを抑える

    「食べなければ痩せるんだから!」(20代女性)というように、食べたい気持ちをどうにか押しとどめるパターンです。どうしても我慢できなければ、「明日食べよう」と自分に言い聞かせ、先延ばしにするのを繰り返すと良いでしょう。

  • 【4】「コンビニに近寄るべからず」と習慣化している生活ルートを見直す

    「コンビニに寄らなくなったら、間食ゼロになった」(20代女性)というように、何気ない行動範囲を見直すパターンです。学校や会社の行き帰りに誘惑があるならば、それを避けられるよう移動ルートを検討すると良いでしょう。

  • 【5】「○○ちゃんにはほど遠いぞ!」と憧れのタレントのグラビアを眺める

    「目に見える場所に『目標』を貼っておく」(10代女性)というように、理想のボディを常に意識するパターンです。理想のスタイルを持つ女友達と行動を共にして、「腹肉をあと少しひっこめよう!」などと参考にするのもアリでしょう。

  • 【6】「この歳で痩せておかないともう戻れなくなる」と中年太りを心配する

    「最後のチャンスだと肝に銘じる」(20代女性)というように、なりたくない未来像を想定し、自分を戒めるパターンです。近くに自分の親や先輩など反面教師がいれば、積極的に観察して覚悟を決めると良いでしょう。

  • 【7】「失敗したら自分だけじゃなく彼も恥をかく」と2人の問題にする

    「この努力は彼への愛情表現だと思うようにする」(20代女性)というように、彼氏のために美しくありたいとひたすら念じるパターンです。最悪「彼氏に振られるかも」と思えばおのずと頑張ることができるでしょう。

  • 【8】「新しい水着を買っちゃったしもったいない」と先行投資しておく

    「自分を追い詰める方法としては身銭を切るのが一番」(20代女性)というように、後戻りができないよう外堀から埋めてしまうパターンです。あえて南国のビーチリゾートへの旅を予約してしまうのも良いかもしれません。

  • 【9】「いつまでもデブだと思ってたら大間違いだ!」と周囲への謎の復讐心に燃える

    「周りをあっと言わせたい」(20代女性)というように、「痩せたらキレイだ」と知らしめることを原動力にするパターンです。ただし自己評価が高すぎて「ぽっちゃりしててもモテるし」などと自分を甘やかさないよう注意したいところです。

いずれにせよ、「自分が指摘された場合、もっとも痛いところ」を探れば、おのずと呪文が編み出せそうです。もし自分でも把握できなければ、彼氏や友だちにアドバイスをもらうと良いかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock