元カレから「オレに未練があるな」と誤解されてしまう言動9パターン


面と向かって聞けないことは、相手の言動から判断するしかありません。しかしときに、女性の紛らわしい言動が、元カレに「まだオレのことが好きだな」と勘違いさせてしまうようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「元カレから『オレに未練があるな』と誤解されてしまう言動」をご紹介します。

  • 【1】SNSで友達申請をする

    「新しくはじめたSNSで申請されると『まだオレのことが気になるんだな』と思う」(20代男性)など、何の気なしにした友達申請が、意味深に受け止められてしまうこともあるようです。別れた後も友達付き合いをしているなら別ですが、普段連絡をとっていない元カレには友達申請をしないほうがいいでしょう。

  • 【2】酔って夜中に電話をする

    「酔って声が聞きたくなるのは『好き』の証拠でしょう」(20代男性)など、酔っ払った勢いで元カレに電話をすると、「好きだから」電話をしてきたのだと思われてしまうようです。誰でもいいなら、気の置けない女友達や今の彼氏に電話してはいかがでしょうか。

  • 【3】「誕生日おめでとう」メールを送る

    「おめでとうメールを言い訳に連絡がとりたかったのかなと思う」(20代男性)など、親愛の表れとして送ったメールが大きな誤解を生むこともあるようです。普段から連絡を取り合う仲でなければ、わざわざメールを送る必要はないのではないでしょうか。

  • 【4】会うと必ず付き合っていた頃の思い出話をする

    「未練がなければ甘い思い出話はしないはず」(20代男性)など、会うたびに交際中の思い出を語っていると、元カレがその気になっても仕方がないかもしれません。共通の話題がそれしか見つからないなら、お互いの近況報告をしてはいかがでしょうか。

  • 【5】何かと相談ごとを持ちかける

    「頼りにされてるんだと思うと期待しちゃう」(20代男性)など、悩み事ができるたび元カレに相談していると、相手が「今でも精神的支えになっている」と勘違いしてしまいそうです。「できるだけ色々な人の意見が聞きたくて」などと前置きをすれば、少しは誤解が解けるかもしれません。

  • 【6】「やっぱりカッコいい」など含んだような褒め方をする

    「久し振りに会って良さを再確認したのかなと感じる」(20代男性)など、紛らわしい褒め方をすると、当時と同じ気持ちなのではないかと勘ぐられても仕方がないでしょう。褒めること自体は悪いことではないので、「その服よく似合ってる」など、当たり障りのない褒め方を心がけましょう。

  • 【7】プレゼントのアクセを身に着けている

    「特にペアリングを見ると『気付いてほしいのかな?』とドキドキする」(20代男性)など、交際中にもらったプレゼントを変わらず身に着けていると、男性をドキッとさせてしまいそうです。どんなに気に入っていても、元カレに会うときは外していったほうが無難でしょう。

  • 【8】「彼氏ができない」とボヤく

    「ヨリを戻したいって意味かと思う」(20代男性)など、新しい彼氏ができないなどと言うと、「ということは…」と間違った想像をする男性がいてもおかしくありません。彼氏がいない場合も、元カレに聞かれるまではあえて言わないほうがいいでしょう。

  • 【9】一人暮らしの部屋に招き入れる

    「部屋に入れてもらえると、すべてを受け入れられたような気がする」(20代男性)など、一人暮らしの女性の部屋に入ることの意味を重く考える男性もいるようです。おかしな展開にならないためにも、部屋で会うのは避けましょう。

ほかにも「こんな言動は元カレから『オレに未練がある』と誤解されてしまう」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock