マリッジブルーの女友達の気持ちを前向きにさせる一言9パターン


結婚を前に幸せの頂点にいるはずの友達が、なぜかふさぎこんでいることはないでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性193名に聞いたアンケートを参考に「マリッジブルーの女友達の気持ちを前向きにさせる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】味方であることをアピールするために「これからも一緒に遊ぼうね」

    「何もかもがガラっと変わっちゃうわけじゃないよと言ってあげたくて」(20代女性)というように、変わらぬ友情を伝えれば、彼女もホッとすることでしょう。「もちろん二人の時間を邪魔するつもりはないからね」と付け加えると、さらに安心してもらえそうです。

  • 【2】ブルーな自分を受け入れられるように「心配になって当然だよ」

    「誰でもそうなるって聞いたよと言ったら、やっと笑ってくれた」(30代女性)など、今の状態を受け入れられるように助言するのも良いかもしれません。とはいえ、ほかの女性たちのマリッジブルー事情を説明しすぎて、不安をあおることがないように気をつけましょう。

  • 【3】前向きな気持ちに戻れるように「今が一番キレイなときなんだから笑って!」

    「『なんだかんだいっても、お肌ツヤツヤで輝いてるよ』と励ました」(20代女性)というように、素直に美しさをたたえる言葉なら、彼女も自尊心をくすぐられるでしょう。「ブライダルエステ行ってるの?」などと軽い話題で場の空気を変えることもできそうです。

  • 【4】身近にもっと深刻な人がいることを教えるために「結婚できるだけでいいじゃん…」

    「『まだいい人が見つからない私の身にもなってよ』と冗談めかしてこぼしてみたら、やっと自分の幸せに気づいたみたい」(30代女性)など、自分を客観視する機会を設けてあげる手もあるでしょう。ただし、あまり愚痴っぽくならないように気をつけたいものです。

  • 【5】背中を押してあげるために「とりあえず進んでみれば?」

    「『どうしてもダメだったらやめちゃえばいいじゃない?』という私の言葉で気が楽になったみたい」(20代女性)など、一歩踏み出すための後押しをしてあげるのもいいでしょう。ためらっている気持ちもすっぱりと断ち切れるかもしれません。

  • 【6】あえて反発を招いて本音を引き出すために「そんなら別れちゃえば?」

    「まず間違いなく『そんなのイヤ』って言いだすから、『ホラやっぱり好きなんじゃん』と突っ込む(笑)」(30代女性)というように、自分の本当の気持ちに気づかせてあげるのも一案です。言い方によっては無責任な態度と思われかねないので注意しましょう。

  • 【7】揺れ動く心が落ち着くように「彼を信じてみたら?」

    「『誠実な人だと思うからこそ、ついていこうと思ったんでしょ?』と問いかけたら、心が固まったようです」(30代女性)というように、迷いを振り切るためのひと押しで気持ちを整理させてあげられるかもしれません。あくまでも彼女自身が答えを出せるように、あとは見守ってあげましょう。

  • 【8】正面から問題に向き合うために「何が心配? 収入? 姑?」

    「じっくり話を聞いてモヤモヤの原因を突き止めた」(20代女性)など、相談に乗って問題点を整理してあげるのも、現実的な解決策のひとつです。とはいえ、親身になっていることが伝わらないと、ただ詮索されているだけだと受け取られてしまうので、気をつけましょう。

  • 【9】まずは目先を変えて気分が晴れるように「とりあえず飲みに行くか!」

    「即、女子会を企画する」(30代女性)というように、飲み会に誘うことで、ストレスを発散させてあげてもいいでしょう。メンバーに既婚の友達を混ぜておけば経験者からのアドバイスももらえそうです。

結婚準備を進めている間は、二人で決めなければならないことが多く、これからの生活に対する不安もこみあげてくるものです。自分もいつかは通る道と思って、できる限り支えてあげましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計193名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock