地味系女子が「雰囲気美人」になるために明日からできるイメチェン戦略9パターン


ファッションやメイクで「可愛い」を作れる女性が増えている昨今。オシャレに自信がない地味系女子も、ちょっとしたイメチェンで「雰囲気美人」に変身できる方法が必ずあるはずです。そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に、「地味系女子が『雰囲気美人』になるために明日からできるイメチェン戦略9パターン」をご紹介します。

  • 【1】髪の色を明るくして、軽やかさを演出する

    「髪がキマると全体的な雰囲気があか抜ける」(20代女性)など、イメチェンの決め手はヘアスタイルだと考える女性は多いようです。フェミニンなふんわりパーマに明るいカラーなど、いつもと違うスタイルにしたい気持ちを信頼できる美容師さんに伝えてみましょう。

  • 【2】つけまつげやカラコンを駆使して、目をパッチリさせる

    「メイクで一番印象を変えられるのは目もと。アイラインで眼力を!」(20代女性)など、目を大きく見せるメイクを好む女性は少なくありません。派手なメイクに慣れていなければ、百貨店の化粧品売り場でプロのアドバイスを貰ってもよさそうです。

  • 【3】モノトーンづくしの服装をやめ、パステル系の明るいカラーを取り入れる

    「ちょうど春だし、明るい色の服を着るのがオススメ」(20代女性)など、服装の色合いを重視する意見もあります。黒やネイビーなどの暗い色は、印象が重たくなりがちなので、どこかに一点パステルカラーの服を選ぶと、女性らしい華やかさを演出できそうです。

  • 【4】ナチュラルなベースメイクで「健康的な美肌」を演出する

    「肌が白くてツヤツヤだと、それだけで美人に見える」(20代女性)など、白く輝く美肌にこだわる女性も多いよう。メイクでキレイに見せるのはもちろん、毎日のスキンケアなど地道な努力が必要になりますが、それだけに効果も大きいイメチェンだと言えそうです。

  • 【5】オシャレなデザインのメガネに変えるか、いっそコンタクトにする

    「コンタクトしたら視野が広がって自信が出た。美人には自信が必須!」(20代女性)など、メガネからコンタクトに変えるメリットは大きいようです。メガネを使う場合には、イメチェンした髪型に合わせてオシャレなフレームを選ぶのがコツでしょう。

  • 【6】背筋をまっすぐ伸ばして立つなど、正しい姿勢を意識する

    「いつも良い姿勢を心がけるだけで、堂々として見える」(20代女性)など、立ち方や座り方が凛として見えるだけで、美人っぽい雰囲気がにじみ出るようです。座るときはキチンと脚を閉じる、猫背にならないなど、自分の身体の使い方を見直してみるとよさそうです。

  • 【7】歯をピカピカにケアして、にっこりと笑う

    「笑顔を心がけることが一番大事。そのために歯をキレイにしておく」(20代女性)など、にこやかな笑顔と輝く白い歯が美人のイメージを作るという意見は多いようです。いつも穏やかな微笑みを絶やさないようにすると、周囲の印象は大きく変わりそうです。

  • 【8】ジャストサイズの服を選び、丈の長さにもちゃんとこだわる

    「体型を隠すファッションは野暮ったくなる」(20代女性)など、服のサイジングが大切だという女性もいます。体型のコンプレックスを誤魔化そうとして大きめの服を着るより、身体にあった服を選んでシルエットをキレイに見せたほうが、センスよく見えるでしょう。

  • 【9】胸元や脚など、肌の露出を増やして「見られている意識」を持つ

    「他人の視線を意識すると、振る舞いが女性らしくなる」(20代女性)というように、あえて一部の肌を露出することで、人前での行動に緊張感を持つことを勧める女性もいます。「見られている」という自覚があると、言葉遣いなども優雅に変わってきそうです。

「そもそも雰囲気美人って何?」というツッコミが聞こえてきそうですが、「自分を美しく魅せるノウハウを持った女性」のことだと思って頂ければ幸いです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年12月3日(火)から10日(火)まで
対象:合計286名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock