男性がウンザリする「重い女」9パターン


彼氏ができてもすぐに別れを告げられてしまうのは、ひょっとしたらあなたが「重い女」だからかもしれません。しかしながら、別れ際にどんなところが重かったのかわざわざ指摘してくれる男性は少ないもの…。そこで今回は『スゴレン』の男性読者の声を参考に「男性がウンザリする『重い女』」をご紹介いたします。

  • 【1】「私と仕事どっちが大事なの?」など、何かにつけて自分を優先させようとする女性

    「そんなの比べられない」(20代男性)というように、女性が全てにおいて一番でないと気が済まないところにウンザリするようです。仕事や家族、友人など、誰にとってもかけがえのないものと自分を比べるのは控えましょう。

  • 【2】「どのくらい私のことが好き?」と尋ねるなど、愛情の大きさをはかろうとする女性

    「1回ならいいけど、何度も聞かれるとウザい」(10代男性)というように、度々自分への愛の大きさを男性に尋ねると、次第に答えるのが面倒になってくるようです。愛をささやくのが大好きという彼なら別ですが、そうでないなら聞かないほうがストレスをかけないかもしれません。

  • 【3】1日空いただけなのに、「なんで電話くれないの?」と激怒する女性

    「なんか義務みたいで嫌」(20代男性)というように、彼に対して連絡をよこさないことにダメ出しすると、電話を強要された気分になるようです。週に数回の電話で満足という男性もいるので、相手のペースに合わせることも考えてはいかがでしょうか。

  • 【4】一通一通のメールがとんでもなく長い女性

    「読むのも返すのも大変」(10代男性)というように、彼女から送られてきた長文メールにウンザリしている男性もいるようです。相手がメールが苦手な場合、全部読まれない可能性もあります。普段は本当に伝えたいことだけ2、3行くらいにまとめた方がいいのかもしれません。

  • 【5】メールの返信が異様に早い女性

    「こっちも急ぎで返さないといけないのかなと思う」(20代男性)というように、彼女の返信があまりにも早いと、素早い返信を期待されている気がして焦るという男性も。例えば、「時間があるときに返信して」と気遣うなど、即レスを期待していないことを伝えるといいでしょう。

  • 【6】「仕事が終わったらすぐに連絡して!」など、電話やメールを強要する女性

    「こっちの事情も考えてよ」(20代男性)というように、相手の都合を考えない自己中な彼女にウンザリするという男性もいます。受け身ではなく自分から連絡するのはもちろん、連絡を待つときも「手が空いたら…」など一言添えてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】何か辛いことがあるとすぐに「死にたい」という女性

    「こっちまで暗くなるわ」(20代男性)というように、すぐにネガティブワードを発する彼女に疲れている男性もいるようです。次第に「死ぬ」と言っても信用されなくなるので、彼氏に心配してほしいなら逆効果かもしれません。

  • 【8】「私のことそんなに好きじゃないんでしょ?」と言うなど、すぐに卑屈になる女性

    「『そんなことない』と否定するのが面倒」(30代男性)というように、不満なときすぐに「愛が足りない」とイジける彼女を煩わしく思う男性も。「好きじゃないでしょ?」と連呼すると「本当に好きじゃないかも…」と考え始める恐れもあるので、別れたくないのなら控えた方がいいでしょう。

  • 【9】「今日はどこで何をしていたの?」と行動を把握しようとする女性

    「イチイチ細かく報告したくないよ」(20代男性)というように、やましいことはないのに信用されていないかのような問いつめに息苦しさを感じる男性もいます。どうしても気になるときは、まず自分から、「今日は○○をしていた」と報告してから会話の流れで聞き出してはいかがでしょう。

ほかにも「男性がウンザリする『重い女』」を思いつたら教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock