うっかりプロポーズを期待してしまうシチュエーションあるある


1400309513168 200x200

交際期間も長くなると、彼氏からのプロポーズの瞬間を待ち望む女性も多いものです。今回は『オトメスゴレン』の女性読者さんの声を参考に「うっかりプロポーズを期待してしまうシチュエーション」を紹介します。


◆ロマンチックなムードになる「夜景スポット」
・「夜景のキレイな場所は、ただでさえいいムード。『今かな?』と思っちゃいそう」(20代女性)
・「映画やドラマの定番だから、『もしかして』と期待する」(20代女性)
・「『夜の観覧車』とか、なにもなかったらガッカリする」(30代女性)

◆改めて「初デートの場所」へ行ったとき
・「二人の思い出の場所って、プロポーズにぴったりだと思う」(20代女性)

◆忙しい彼から「突然の旅行」に誘われたとき
・「わざわざ時間をとってくれると理由を考えちゃうかも」(20代女性)

◆めったに行かない「高級レストラン」に行ったとき
・「『グラスの中に指輪が!?』とか期待すると思う(苦笑)」(20代女性)


普段行かないような特別な場所でのデートは、プロポーズの言葉を期待させるようです。そのときは期待外れで終わっても、いざというとき、どんな風に応えるかは前もって考えておいてもよさそうです。