「あの一言さえなければ…」と後悔している別れの原因になったセリフ9パターン


彼氏と議論中につい言ってしまった一言のせいで、別れるハメになってしまったカップルは少なくありません。一体、どんなセリフが別れを引きよせてしまうのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見をもとに「『あの一言さえなければ…』と後悔している別れの原因になったセリフ」をまとめてみました。

  • 【1】「もう好きかどうか分からない!」

    「本心じゃないのに、一時の感情で…」(20代女性)というように、マンネリ気味の彼氏と口論をしているときに、ヒートアップして言ってしまいそうな一言です。どんなにカッとなっても、「好き」を否定するような言葉はカップルにおける禁句なのかもしれません。

  • 【2】「付き合っていても何にも楽しくない」

    「わざと怒らせるために言っちゃった」(10代女性)というように、彼氏の愛を試すために「楽しくない」と言ったのに、本気にされて別れてしまったというカップルも。口ゲンカ中は彼氏も冷静さを失っているので、慎重に言葉を選ぶか、言いすぎたときはすぐにフォローするかしたいところです。

  • 【3】「少し、距離をおいてみようか」

    「そのまま忙しくなって、なんとなく消滅」(20代女性)というように、冷静になるために距離を置いたまま、元に戻ることがなかったというカップルは多いです。ただし、受け身にならず、彼氏と心の距離を縮めるアクションを自分から起こせば、再び仲のよいカップルに戻れるかもしれません。

  • 【4】「私のこと、本当に好きなの?」

    「相手を疑ったらお終いなのかもしれない」(20代女性)というように、彼氏の気持ちを疑う発言が、愛を冷ますこともあるようです。頻繁に「好き」と言わないタイプの彼氏の場合、デート中の発言やメールのやりとりなどから想いを感じとることも大切でしょう。

  • 【5】「仕事と私、どっちが大切なの?」

    「『そんなこと比べられない!』と彼氏。私、ウザい女でした」(20代女性)というように、彼氏の大事なものと自分を比べようとして、愛想をつかされたケースも。むしろ、仕事に夢中になる彼氏を一心になって支えれば、欠かせない存在になれていたのかもしれません。

  • 【6】「人として、ダメだよね」

    「人格否定してしまった」(20代女性)というように、彼氏の人間性を否定する一言をポロッと言ったせいで、関係修復が不可能になったカップルも。「ダメ」と切り捨てるのではなく、「直してほしい」と改善を求める努力も、円満な関係を保つために大切と言えるでしょう。

  • 【7】「最近、○○ちゃんと仲良すぎない?」

    「疑った私が悪かったです」(10代女性)というように、彼氏にありもしない浮気疑惑をかけてしまい、その結果、信頼関係が揺らいでしまったカップルもいます。「怪しいかも」と思っても、証拠をつかむまでは、「彼は自分だけを見ている」と信じたいところです。

  • 【8】「面倒くさいから、その話は終わりにしよう」

    「『面倒くさい』が余計でした…」(30代女性)というように、彼氏が真剣な話をしている最中に、無理矢理それを終わらせようとしたせいで、激怒させてしまったという人も。相手がマジメに語っているときは、内容問わず、最後まで話を聞いたほうがいいでしょう。

  • 【9】「はやく一人前の男になって、養ってよ」

    「自分が男だったら、確かに言われたくないかも」(20代女性)というように、彼氏に対して一方的に依存する発言をしてから、相手の気持ちが急速に冷めたという人も。「幸せにしたい」という気持ちは彼の中で芽生えるものであり、自分からお願いするものではないのかもしれません。

ケンカ中にエキサイトするのは仕方がないことかもしれませんが、ほんの少しでも「これを言ったら、相手がどう思うか」を考える余裕があれば、別れずに済んだカップルは多いのではないでしょうか。いつでも相手を思いやる姿勢を持つことが、幸せなカップルの条件の一つと言えそうです。(外山武史)
Photo:All images by iStock