初対面で「あ、私、この人と付き合うかも!」と直感した瞬間9パターン


一目惚れとは少し違う、「この人が彼氏になる」という予感。みなさんは何を根拠に「運命」を感じているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「初対面で『あ、私、この人と付き合うかも!』と直感した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】目が合ってしばらくお互い見つめ合う時間が訪れたとき

    「頭の中では恋愛ソングが流れていました(笑)」(10代女性)というように、何も言わず視線を交わしているときに、運命の出会いを確信するパターンです。不意に目が合ったまま相手も視線を逸らす様子がなければ、慌てずその場の空気を楽しめる相手かどうか観察してみましょう。

  • 【2】何の気なしに話していたら地元が偶然同じだったとき

    「中国地方の田舎出身なので、仙台で出会うのは奇跡と思った」(20代女性)というように、思わぬところで同郷の男性と出会うのも「縁」を感じずにはいられないものです。相手がピンときていないときは、「すごい偶然だね!」と運命を強調してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】初対面のはずなのに、初めて会った気がしなかったとき

    「幼なじみと話すときと似た感じ。心地よかった」(20代女性)というように、運命の人は最初から「なつかしい感じ」がするという人もいます。「どこかで会ったことある?」と、男性に親近感を抱いていることを伝えてみてもいいかもしれません。

  • 【4】まるで申し合わせたように、同じようなものを身につけていたとき

    「合コンのとき『ペアルックじゃん!』とイジられた。後日、お付き合いがスタートしました」(20代女性)というように、似たような服装をしている男性と急接近することもあるようです。まったく同じ服装でなくても、「好きなブランドが同じ」など、共通点があると意気投合しやすいでしょう。

  • 【5】恋愛運が最高の日に、好みの男性と出会ったとき

    「朝の番組の占い通り、運命のカレと会いました!」(20代女性)というように、運勢が絶好調のときに出会った男性と付き合うことになった人もいます。恋愛運が良かったといえばそれまでですが、「いいことあるかも!」とポジティブな気持ちでいたことが、恋を引き寄せたと言えなくもなさそうです。

  • 【6】マニアックな趣味の話題で盛り上がることができたとき

    「アニメで好きなセリフがかぶるとか、細かいところまで一致した!」(20代女性)というように、お互いの関心事が重なることで、意識しはじめるケースもあります。いいなと思った男性に積極的に話しかけていれば、そういう共通点が見つけられるかもしれません。

  • 【7】自分の父親など、家族に似ていると感じたとき

    「口癖がパパと同じ」(20代女性)というように、初対面の男性に自分の家族と似た雰囲気を感じ、「ただの他人ではなくなる予感」を抱いた人もいるようです。悪い気はしないはずなので、「ウチの○○と似ている」と親しみを感じていることを伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】会話が途切れて無言になっても全然苦痛を感じなかったとき

    「むしろ心地いい時間を感じました」(20代女性)というように、二人の間に訪れた沈黙を楽しめた時点で、もはや恋人同士と変わらないといえそうです。相手も話題が途切れたことを気にしていないようなら、同じことを考えているのかもしれません。

  • 【9】男性のにおいがなぜか好きだと感じたとき

    「なんかいいんです。上手く説明できないですけど(笑)」(20代女性)というように、文字通り、出会いの予感を鼻で嗅ぎとる人もいます。どこで感じるかは人それぞれですが、「運命は五感で察知できる」場合がありそうです。

「付き合う予感」のきっかけは人それぞれですが、出会いの場に足を運び、相手を知ろうとすることがスタート地点だといえそうです。運命の出会いは、自分から探しに行きましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock