「マジメか!」とあくびが出そうになる男性の話題あるある7パターン


マジメな男性は誠実で安心感があるイメージですが、カタい話ばかりで「イマイチ盛り上がらない」と退屈に感じる女性も多いようです。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『かたぶつだなあ』とクソマジメ過ぎてつまらない男性の会話」を紹介します。

  • 【1】「日本の政治には若返りが必要で…」など政治経済に関する話題

    政治評論家のようにとうとうと持論を述べられても、適当に相槌を打つしか術がありません。

  • 【2】「新選組といえば沖田総司だけど…」など歴史についての話題

    「歴女」でない限り、「イケメン武将」と言われてもピンときません。

  • 【3】「電子レンジのメカニズムはね…」など理系の話題

    「仕組みを知らなくても使うことはできるし…」と心のなかでつぶやいてしまいます。

  • 【4】「アメリカの○○社を買収して…」など難しい仕事の話題

    なんかすごいのかもしれませんが、ピンとこないと尊敬しようにもできません。

  • 【5】「このところの円安は…」など延々と続く経済的な話題

    どちらかというと、「○○スーパーで卵が××円」など身近な損得のほうが気になります。

  • 【6】「地球環境のために何かやってる?」などエコに関する話題

    「ゴミの分別とか…?」としか答えられない自分が情けなくなりそうです。

  • 【7】「美容のためには夜11時には寝たほうが…」など説教くさい話題

    就寝時間をダメ出しされるのは、子供の頃以来です。

彼の話をはなから「難しい」「面白くない」と決めつけているうちは、二人の仲も進展しないでしょう。「いまの○○の話、もう少しわかりやすく説明して」と頼めば、マジメな彼なら真摯に応えてくれそうです。
Photo:All images by iStock