「仕事のことなら、ほかの人に相談すべきだった…」と彼氏にガッカリされてしまうお気楽アドバイス9パターン


彼氏から仕事の相談をされたら、少しでも役立つ助言をしたいと思うもの。とはいえ、アドバイスのピントがズレているようでは、助けるどころか落胆されてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性169名に聞いたアンケートを参考に「『仕事のことなら、ほかの人に相談すべきだった…』と彼氏にガッカリされてしまうお気楽アドバイス」をご紹介します。

  • 【1】「あなたならできる、大丈夫!」と根拠なく前向きに励ます

    「ありがたいけど、いまいち現実味に欠けるというか…」(20代男性)というように、ポジティブな言葉で漠然と激励しても、心には響かないようです。彼氏の話にじっと耳を傾けて、事情をしっかり理解してあげたほうが喜ばれるでしょう。

  • 【2】「なんとかなるんじゃない?」と能天気な結論で片付ける

    「なにその投げやりな言い方!」(10代男性)というように、気持ちをほぐしてあげようと、わざと軽い調子で応じるのも良し悪しのようです。深刻すぎるのも考えものですが、「あなたを気にかけている」と伝わる程度の真剣味は必要でしょう。

  • 【3】「疲れが溜まってるだけでしょ」と勝手に原因を特定する

    「たっぷり寝れば万事解決!みたいな単純なことじゃなくて…」(20代男性)というように、話を丁寧に聞かずに早急に判断を下すのも、嫌がられるようです。相談に乗ることをおっくうに感じたら、無理に意見しないほうが無難かもしれません。

  • 【4】「パーッと飲みにでも行く?」と相談自体をうやむやにする

    「この場を適当にやり過ごそうとしてない?」(20代男性)というように、腰を据えて話したがっている相手に気分転換を勧めても、渋られてしまいそうです。とはいえ、彼氏が自分でも気づかないほど行き詰まっている様子なら、息抜きを促すのも悪くないでしょう。

  • 【5】「そいつサイテー!」と彼氏の同僚や上司などを非難する

    「俺が言うならわかるけど、彼女がヒートアップするってどうなの?」(20代男性)というように、部外者の立場で社内の人間関係についてとやかく言うのも、彼氏を複雑な心境にさせてしまうようです。不満に同調する形で、一歩引いて意見を述べるくらいがちょうどいいでしょう。

  • 【6】「私の会社はもっとひどい」と苦労自慢を始める

    「これじゃ単なる傷の舐め合いじゃん!」(10代男性)というように、「下には下がある」と知らしめることで奮起させるのは、かなり無理のある作戦かもしれません。ただし、彼氏の悩みがあまりにも幼稚なら、過酷な実例を挙げて叱咤激励するのはアリでしょう。

  • 【7】「暇があるから考えちゃうんだよ」と無慈悲な言葉を浴びせる

    「無心になって馬車馬のように働けと!? む、むごい…」(20代男性)というように、相手の状況によっては、厳しい言葉は控えたほうがいいようです。彼氏が意気消沈しているときは、キツめに励ますより、優しく慰めたほうが効果的でしょう。

  • 【8】「仕事なんて所詮そんなもん」と悲観的な意見を述べる

    「そのドライな仕事観、萎えるからやめて!」(10代男性)というように、現状を打破するための糸口を探している人に「諦めろ」と告げても、反発されてしまうでしょう。切羽詰まっているようなら、持論は伏せて、相手が聞きたそうな言葉を掛けてあげるといいでしょう。

  • 【9】「嫌なら辞めちゃえば?」と気軽に退職を勧める

    「辞めてどうすんの? 養ってくれんの?」(20代男性)というように、うかつなことを口走ると、キレられるおそれもあります。こちらが何を言っても彼氏が言い返してくる場合は、「仕事のせいで苛立っているだけ」だと割り切り、そっとしておくのも手かもしれません。

無責任な発言や、聞き流すような態度に、男性は落胆してしまうようです。具体的なアドバイスは無理でも、話を聞いて共感を示すことで、心を癒してあげたいものです。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計169名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock