雨デートで「優しいなー」と感激した男性の行動あるある7パターン


雨の日の外出はオシャレを楽しむ余裕もなく、憂鬱な気分になるという女性も少なくないでしょう。ただ、彼氏のちょっとした気配りで気分が晴れることもあるようです。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「雨のデートで感激する男性の気遣い」を紹介します。

  • 【1】彼女に車の水しぶきがかからないように、車道側を歩く

    車が横を通る瞬間、自分の体を盾にして守ってくれると、さらにキュンとしそうです。

  • 【2】彼女の靴が汚れないように、水たまりなど足場の悪い場所を歩かせない

    大きな水たまりを避けるとき、彼の肩や腕にそっと手を添えると、彼の「守ってあげたい願望」もますます膨らむでしょう。

  • 【3】「大丈夫?」と彼女が雨に濡れていないか気にかける

    「あなたこそ寒くない?」と彼の手に触れてみると、ドキドキさせられるかもしれません。

  • 【4】「相合傘」をするときは、必ず彼氏が傘を持つ

    「傘を持ってくれてありがとう」とお礼を言うのはもちろん、彼が雨にあたっていないかどうかも気遣いましょう。

  • 【5】「濡れちゃうよ」と彼女を自分のほうに抱き寄せて「相合傘」をする

    彼の男らしい行動にドキドキさせられたら、「雨の日も、悪くないね」と上目遣いに寄り添えば、愛らしさ満点です。

  • 【6】雨に濡れないように、自分の上着を彼女の肩にかける

    上着を差し出されたとき「あなたが風邪引いちゃうとイヤだから」と一回は遠慮するほうが好印象かもしれません。

  • 【7】ドライブでは、車の乗り降りの際彼女が濡れないよう傘を広げてドアを開ける

    「こんなことしてもらえたの、初めて!」と目をキラキラさせて喜べば、彼もやった甲斐があるでしょう。

ジメジメした雨が鬱陶しく感じる梅雨のデートでは、どうすれば彼女を楽しませられるか頭を悩ませる男性も多いかもしれません。女性が「相合傘とか楽しそう!」など「2人でいるだけで幸せ」といった態度を見せれば、彼も晴れやかな気持ちになれそうです。
Photo:All images by iStock