彼女じゃない女性に「おやすみ」LINE・メールを送る理由9パターン


男女の関係はメールでグッと距離が縮まるもの。特に男性からの「おやすみ」というメールには「特別な意味」があると信じたい女性は多いようです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者のみなさんに行ったアンケートを参考にして、「彼女じゃない女性に『おやすみ』メールを送る理由9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】好きな女性とカップル気分を味わいたいから

    「毎日送り合いたい」(20代男性)など、意中の女性がいる男性は、「おやすみメール」を「二人のルール」として習慣化させ、付き合っているかのようなムードにしたくて送るようです。好きな男性へのレスにはハートマークをつけるなど好意を前面的にアピールすると、より親密度が増すかもしれません。

  • 【2】友だち以上恋人未満の関係の女性ともっと近づきたいから

    「付き合いたい気持ちを知ってほしいから」(20代男性)など、女性との仲を深めたくてメールするパターンです。彼氏として考えられない相手であれば毎回返事をするのはやめるなど、「期待させない」振る舞いも必要でしょう。

  • 【3】仕事関係の人へやりとりの最後に礼儀の挨拶として

    「夜遅くまで対応してくれた相手へのマナーとして」(30代男性)と、「仕事の終わり」を告げるとともに、感謝の気持ちを含めた挨拶のようです。深夜作業で疲れていても一言挨拶をするだけで、男性からの信頼度が高まるかもしれません。

  • 【4】会社の同僚やバイト仲間に「今日もお疲れ様!」とねぎらいたいから

    「一緒に頑張った同志だから」(20代男性)など、仲間意識を高めるために送る場合もあるようです。新たな職場などで結束を高めたいときは「明日もがんばろうね!!」などと返信すると仲間意識はもちろん、仕事への士気も高まるでしょう。

  • 【5】本命の彼女がいるけど、浮気相手として狙っているから

    「ちょっと気になる子に試しに…」(10代男性)など、付き合える可能性があるかどうかを探るために布石を打つケースです。突然メールの雰囲気が変わったと感じたら、まずは「彼女に怒られるよ!」などと冷や水を浴びせるとよいかもしれません。

  • 【6】好きな子に、自分のことを考えながら眠ってほしいから

    「自分の存在を少しでもアピールしたい」(20代男性)など、好きな女性に自分を忘れないでいてもらう作戦のようです。気になる男性からであれば「夢で○○くんと会えたらいいな」などと返すと、男性はテンションが上がり明日にも告白してくれるかもしれません。

  • 【7】いつも前向きな女性に一日の最後に元気付けてもらいたいから

    「仕事で嫌な事があったときに慰めてもらいたい」(20代男性)など、恋愛感情とは関係なく、明るい性格の女性に男性が癒しを期待していることもあるようです。甘えてきた相手には、厳しく一蹴せず「明日はきっとうまくいくよ」などと言ってあげるとその優しい包容力に、恋心が芽生えてしまう男性は多いでしょう。

  • 【8】長くメールをラリーしたくない相手に「今日はこれでおしまい」を主張したいから

    「早く寝たいという空気を読んでほしい!!」(10代男性)など、やりとりを終わりにしたいときの合図として送るパターンです。むしろこちらから早々にメールを切り上げると「もっとメールしたい」と男性の飢餓感をあおり、メールが増えるかもしれません。

  • 【9】酔っ払って寂しいときに、誰かに心を満たして欲しいから

    「気づいたら好きな相手に送っていた」(30代男性)など、無意識に甘えたい相手に送ってしまう男性は多いようです。いかにも酔っ払っているなと思うときでも酔っているときこそ本音が出る、と判断し「気をつけて帰ってね」など優しく返信すると男性はよりテンションが上がるでしょう。

他に「彼女じゃない女性に『おやすみ』メールを送る理由」には、どんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock