男性が「了解」という味気ない一言LINE・メールを送る理由9パターン


「了解」「わかった」「うん」など、男性特有の一言メールに物足りなさを感じたことはありませんか? 「やる気あんのかよ!?」と怒りのメールを送り返すよりも、相手の気持ちを理解してあげようとするのが先かもしれません。建設的なコミュニケーションをするためにも、一緒に男性心理を覗いてみましょう。というわけで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「男性が『了解』という味気ない一言メールを送る理由9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】単純明快な返事に美意識を持っているから

    「『了解』以外に書くことがないから」(20代男性)というように、メールをコミュニケーション手段というより、「用件を伝えるための手段」としてしか捉えていない男性が多いようです。長文を送ってもどのみち一言で返してくる相手には、自分も端的な文面を作ってテンションを合わせると、「みじかっ!」とイライラせずにすむでしょう。

  • 【2】ぶっちゃけ、もうメールを続けたくないから

    「長々とメールするくらいなら電話の方が効率が良い」(30代男性)など、メールでやりとりをすること自体にストレスを感じる男性もいるようです。相手に面倒くさいと思われないためにも、知り合ったばかりの段階でメールが苦手かどうか聞いてしまうのもひとつの手です。

  • 【3】不器用な硬派っぽさを演出したいから

    「短文の方が男らしいと思うから」(10代男性)など、セルフプロデュースの一環として一言メールを送る男性もいるようです。この場合はあえて絵文字たっぷりのメールを送り続けることで、相手に自分の“女らしさ”を意識させると良いでしょう。

  • 【4】スピード重視で返事をしたいから

    「返事を待たせるのは悪いし」(20代男性)など、相手への気遣いで一言メールを送っているパターンです。相手から素早くメールの返事が返ってきたときは、自分も短めのメールを返してテンポ良くやりとりを続けるのが仲を深めるポイントかもしれません。

  • 【5】長々と返信して、相手に「面倒くさい」と思われたくないから

    「好きってバレたくないし(笑)」(20代男性)など、自分の気持ちを隠すために余計なことは書かないパターンです。相手に質問を投げかけてあげるなど、興味があることをアピールすると安心して長い文章を書いてくれるかもしれません。

  • 【6】相手と信頼関係が築けていると思っているから

    「付き合いが長い女性には、わざわざ社交辞令的な文章は書かない」(20代男性)というように、一言メールは相手がリラックスしていることの表れでもあるようです。自分もユルいメールを送ることで、安心感を共有したいところです。

  • 【7】単純に端末の扱いに慣れていないから

    「スマホにしてからメールが苦手になった」(30代男性)など、機種変更をしたばかりの男性にとってメールは苦行です。相手に聞きたいことがたくさんあるときなどは、メールではなく電話で伝えた方が喜ばれるでしょう。

  • 【8】相手に対するイライラ感を醸し出したいから

    「冷たいメールで突き放したいから」(10代男性)など、一言メールに怒りを込めているケースもあるようです。普段は長い文章を書く男性が急に一言メールを送ってきたときは、自分が不用意な発言をしてしまった可能性があるので注意が必要です。

  • 【9】仕事中で忙しいことをアピールしたいから

    「朝から20時までは、どんな相手にも一言でメールを返す」(20代男性)など、仕事中はスピーディーにメールを終わらせたいと割り切っている男性もいるようです。相手のライフスタイルを考慮して、長いメールはオフタイムに送るようにしましょう。

「男性が『了解』という味気ない一言メールを送る理由」には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock