グイグイ来る男性の熱烈アプローチを「華麗にかわす一言」9パターン


好きでもない男性から、強引なアプローチを受けたとき、相手を刺激せずにその場を逃れるためには、どんな一言が効くのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者の皆さんの意見を参考に「グイグイ来る男性の熱烈アプローチを『華麗にかわす一言』」をまとめてみました。

  • 【1】「もー、ガツガツしないの!」と年上っぽくたしなめる

    「こちらが一枚上手だと思わせればいい」(20代女性)というように、少し上から目線でたしなめれば、相手がひるむようです。諦めてもらうために、弱いところを見せず毅然とした態度で臨みましょう。

  • 【2】「もっと仲良くなってからね」とその場を乗り切る

    「ひとまず時間を置いて、冷静になってもらいます」(20代女性)というように、「もう少し親しくなってから」と男性に期待を抱かせつつ、その場をスマートに逃れるパターンです。少しでも気になる男性や、気まずくなるのを避けたい相手に対して使うといいでしょう。

  • 【3】「そんな人だと思ってなかった」と落胆した様子を見せる

    「なんとなくいやらしい目で見ている気はしたけど」(20代女性)というように、突然強引なスキンシップを取られたのなら、男性を見損なったことをアピールするのもいいでしょう。一見、「真面目」「やさしい」などの言葉が似合う男性には、特に効果的かもしれません。

  • 【4】「そんな気ないんですけど!」と冷たく言い放つ

    「勘違い野郎にはこのくらいキツく言わないと」(20代女性)というように、男性に嫌われるのを覚悟で、ビシッと突き放す女性もいます。ビジュアルに自信があり「強引に行けば押し切れるだろう」と高をくくっていそうな男性にガツンとくる一言といえそうです。

  • 【5】「あははは!ちょっとやめてよー」と乾いた笑いを見せる

    「『目は笑ってない』ようにするのがコツ」(20代女性)というように、男性の行動について本気で冷めているのを感じさせるパターンです。なるべく表情を変えないようにすれば「乾いた笑い」で、うまく気を逸らすことができるかもしれません。

  • 【6】「ごめん、そういう目で見られない」と異性として意識していないとアピールする

    「実際に、男として見ることができなかったので正直に言いました」(20代女性)というように、「恋愛対象外」であることを率直に告げると、それ以上アプローチされることもないでしょう。付き合いが長い男友達などが相手であれば、すんなり納得してもらえそうです。

  • 【7】「ごめん、ちょっと体調悪くなってきた」との場から離れる

    「時間が経てば、冷静になるでしょ」(30代女性)というように、無理やりにでも、その場から逃れる理由をつくり、時間をおいて相手をクールダウンさせる手もあります。お酒が入って男性が勢いづいているときなどに有効かもしれません。

  • 【8】「ちょっと引いちゃうんだけど」と正直な気持ちを伝える

    「本当に驚いたし、めっちゃ困ったので」(20代女性)というように、ドン引きしていることを伝えて男性を引き下がらせる人もいます。熱烈なアプローチを歓迎していないことを強調するために、顔を曇らせながら言えば、男性は意気消沈するでしょう。

  • 【9】「ねえ、本気なの?」と冷静に突っ込む

    「あんまりいいウワサ聞かない相手だったから」(20代女性)というように、ズバッと本心を尋ねて相手をたじろがせるパターンです。相手が本気ならイエスと即答するはずですが、そこで押し切られないように、一手先まで考えておきましょう。

男性に「押しに弱い」と思われないように、みなさんはあの手この手で、熱烈アプローチをかわしているようです。自分に対する気持ちに感謝しつつも、毅然とした態度を取ることが、結局は男性のためにもなるのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock