「君とは友達以上にはなれない」と言われた気がしたセリフ7パターン


友達以上の関係を期待していた男性に、突然「恋愛対象ではない」発言を突きつけられるとショックを隠し切れないものです。今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『私は友達止まりか…』と思い知らされる男友達の一言」を紹介します。

  • 【1】恋愛対象とみなしていない「妹みたいな存在だから」

    子ども扱いされてると感じたら大人っぽくイメチェンするなど見た目から変えてみるのも一つのアプローチです。

  • 【2】「女性なのが残念」を意味するような「お前が男なら親友になれるのにな」

    友達としては最高の賛辞でも、女性としては複雑な一言です。言葉遣いなど女性らしさに欠ける部分がないか見直してみましょう。

  • 【3】「そろそろ彼氏がほしいな」と言ったときの「合コンに行ってみれば?」

    もしあなたのことを彼が好きなら、返事に困る一言です。単にイジワルを言いたくなっただけかもしれません。

  • 【4】ほかの男性との恋愛を推奨するような「彼氏、つくらないの?」

    鈍感な彼には「ほかの誰かじゃ、嫌なんだよね」と好意をほのめかす態度も時には必要です。

  • 【5】「恋愛対象外」と言われたも同然な「女の子紹介して」

    「私じゃダメなんだ…」と落ち込むより、「どんなタイプが好き?」と好みをリサーチして彼の理想に近づく努力をしてみましょう。

  • 【6】「女の色気ゼロ」と言い渡されたような「お前といると気を使わなくていいからラク」

    「一緒にいて安心する存在」という意味かもしれないので、凹むのは真意を確かめてからにしましょう。

  • 【7】自分が入る余地もない「今、彼女とかいらないんだよね」

    ただし、いつ「恋愛モード」になるかは分からないので、早々にあきらめる必要はないかもしれません。

気の合う友達として身近にいすぎると、男性が恋愛感情を抱けなくなることも。友達関係を打破するために、彼と少し距離を置いてみてはいかがでしょうか。あなたが大切な存在ということを彼が実感するかもしれません。
Photo:All images by iStock