「なにそれ?」と呆れるほど身勝手な男性の恋愛観あるある7パターン


人の考え方は千差万別。特に恋愛観に関しては、男女間でかけ離れた意見が飛び交っているようです。そこで今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「女性が猛反発する男性の独りよがりな恋愛観」を紹介します。

  • 【1】「男が浮気するのは本能だから」と、開き直る

    くどくどと言い訳を並べ立てた挙句、「本能」で押し切ろうとする男は、ただの「女好き」と言っても過言ではありません。

  • 【2】「女は最終的に友情よりも恋愛をとる」と、女同士の友情を軽んじる

    友情を大切にする女性にはカチンとくる言葉です。親友との強い絆が伝わるエピソードを語り聞かせてはいかがでしょう。

  • 【3】「男は彼女より仕事を優先して当たり前」と、決めてかかる

    たとえ「彼女より仕事」というポリシーでも、乙女心を汲み取って彼女の前では「キミがいちばん」というポーズをとってほしいところです。

  • 【4】「キャバクラに行くのは浮気のうちに入らない」と、屁理屈を述べる

    「私とのデートよりお金がかかっている」と思うとイラッとします。ただし仕事の付き合いで仕方がない場合は、彼を責めても「重い女」と思われるだけです。

  • 【5】「女は束縛して男から自由を奪う」と、女性を型にはめて語る

    「必要以上に束縛されるのは、あなたが女性に信頼されていないからじゃない?」と切り返したくなります。

  • 【6】「女は『涙は女の武器』と思ってすぐ泣く」と、決めつける

    女性の涙を「計算」と決めつける前に、「なぜ泣いているのか」を考える余裕や優しさも見せてほしいものです。

  • 【7】「すべての女は結婚したいと考えている」と、思い込む

    「あなたと結婚したい」と考える女性はいないかもよ、と思っても口にするのはガマンしましょう。

勝手な思い込みを人に押し付けたり、他人の意見にケチをつけたりする人と話しても、ストレスがたまるだけです。自分が「これだけは譲れない」という価値観を尊重してくれる相手を見極めることが大切と言えるでしょう。
Photo:All images by iStock