自分に一目惚れした男性からのキュンとするアピールあるある7パターン


初対面の男性のアプローチはうれしい反面、「女と見れば誰でも口説くんじゃ?」と警戒する気持ちも高まるものです。では、どのように気持ちを伝えられると好印象なのでしょうか? 今回は、10代から30代のオトメスゴレン女性読者に聞いた「『私に一目惚れした?』と予感する男性の言動」を紹介します。

  • 【1】「なんかドキドキしてきた…」と緊張した様子を伝える

    相手の声が震えたり、顔が赤くなったりするのは相手が本気だという証拠かもしれません。

  • 【2】「じっと見ちゃって、ごめんなさい」と見ていたことを白状する

    「美しすぎて」と言われている気分になれる言葉です。ニッコリ微笑み返せば、彼も安心して会話を続けてくれるでしょう。

  • 【3】「あまりにもキレイで直視できません!」と照れながら褒める

    「お世辞が上手ですね!」と謙遜しつつフレンドリーに接すれば「キレイなのに気さくだな」と思ってもらえそうです。

  • 【4】「そのキーホルダーって○○のだよね?」と共通の話題を見つけようとする

    なんとか共通点を探そうと頑張っている姿を微笑ましく感じます。

  • 【5】「○○さんって、モテそうだよね。彼氏いるでしょ?」と恋人の有無を確認する

    彼氏がいない場合は、正直に答えるだけで次のアプローチに発展しそうです。

  • 【6】「目が茶色くてキレイだよね」など外見を具体的に褒める

    単に「キレイだね」と言われるより、「よく見ているんだな」と思わず感心しそうです。

  • 【7】「名刺を持っていたらいただけますか?」と丁重に連絡先を聞く

    オフィシャルな連絡先を尋ねられると、紳士的に感じて警戒心も薄れます。

一目惚れでも真剣さがきちんと伝われば、「遊び人かも?」といった初対面ゆえの警戒心も和らぐようです。じっくり話すことで、相手の男性もあなたの外見や雰囲気だけではなく、内面も見初めてくれるかもしれません。
Photo:All images by iStock