「バカじゃないの!?」と呆れた彼氏の浮気の理由9パターン


彼氏の浮気自体、許せるものではありませんが、理由によっては腹が立つのを通り越し、呆れてしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性278名に聞いたアンケートを参考に「『バカじゃないの!?』と呆れた彼氏の浮気の理由」をご紹介します。

  • 【1】「遊びは浮気に入らない」という独自の理論があるから

    「『お店のコとはカラダだけだから』と言われて返す言葉もなかった…」(20代女性)など、浮気の定義に独自のルールを持つ彼氏に対し、唖然としたケースです。「どこからが浮気?」などと話して、交際前に彼氏の考え方を知る努力をしましょう。

  • 【2】プロポーズする前に、 独身最後の自由を謳歌したかったから

    「『結婚してなきゃ恋愛は自由』だって! 信じられない」(20代女性)など、婚姻関係にない状態を軽んじて、平気で浮気をする男性もいるようです。「これが最後のチャンス!」と騒ぐ人に限って何度も同じことを繰り返すものなので、「今回だけ!」などと謝ってきても、鵜呑みにしないほうがいいでしょう。

  • 【3】仕事に忙しい彼女を嫉妬させたかったから

    「そんな理由で…逆に嫌われるってわからないの?」(20代女性)など、仕事優先の彼女を振り向かせるために、浮気という手段をとるパターンです。もちろん男性に非はありますが、これを教訓に、次の恋からはもう少し恋人との時間を作る努力をしたほうがいいかもしれません。

  • 【4】自分たちの愛情が本物か確かめたかったから

    「『運命の相手なら浮気くらいで揺らがない』とか、何考えてるの?」(20代女性)など、彼女の自分への愛を確認するかのように、浮気に走る男性もいるようです。単なる言い訳なのは承知のうえで、「身勝手な彼氏の本性に気づけてよかった」と、前向きに捉えてはいかがでしょうか。

  • 【5】別れ話を切り出しづらくて、いっそ嫌われたかったから

    「ちゃんと気持ちを話してくれたら友だちになれたのに…」(20代女性)というように、自分から別れを切り出せない心の弱さから、浮気を選択する男性にも困ってしまうでしょう。優しい反面、自分の意思を表に出さない男性の場合、警戒したほうがいいかもしれません。

  • 【6】告白されて「据え膳食わぬは男の恥」と思ったから

    「適当に理論武装しやがって…」(20代女性)というように、もっともらしい言葉を掲げて浮気を正当化するケースです。「浮気は男の甲斐性」などのフレーズも、男性に気の迷いを起こさせるもとなので、日頃から「あり得ないよね」などと言って、牽制しておきましょう。

  • 【7】浮気の刺激でマンネリを解消したかったから

    「いい刺激になるわけないでしょ!」(20代女性)など、特に交際が長期に渡る場合、浮気に恋のスパイス的な効果を期待する男性もいるようです。「浮気は絶対に許せない」「どんな理由でもすぐ別れる」などと日頃から言い含めておけば、愚かな行動に少しはブレーキをかけられるのではないでしょうか。

  • 【8】真面目なイメージとのギャップを演出したかったから

    「いやいや、誠実な男が一番ですから…」(20代女性)というように、「ギャップが魅力的」などの恋愛格言を真に受けて、わざわざ「悪い男」を目指す彼氏にも、拍子抜けしてしまうでしょう。他人に影響されがちな彼氏には、普段から「今のあなたが一番!」と伝え、予防線を張りたいところです。

  • 【9】イケメンで女性からの誘いが多く、断りきれないから

    「自分で言うな、バカ男!」(20代女性)など、普段からモテていて、しかもそれを自覚している男性のケースです。浮気が発覚した局面で、「女が放っておかないからだ」と開き直る男性には、少なからずナルシストの気があるもの。自己評価の高い彼氏には注意が必要かもしれません。

男性は、女性が呆れるような理由を盾に浮気をすることがあるようです。日頃から、言葉や態度で牽制し、悪事の芽は早めに摘んでいきましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2013年12月3日(火)から10日(火)まで
対象:合計278名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock